大井健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大井 健司(おおい けんじ、1963年2月21日 - )は、奈良県を登録地としていた元競輪選手日本競輪学校第54期生。後述の通り、3人とも競輪選手の経験を持つ、『大井三兄弟』の二男である。

来歴[編集]

元競輪選手の大井清(期前)は実父であり師匠。長兄の大井栄治と末弟の大井啓世も競輪選手。

平安高校時代の1980年第52回選抜高等学校野球大会に出場。同校卒業後、競輪学校に入校。同期には三宅勝彦伊藤勝也東出剛らがいる。1984年9月8日福井競輪場でデビューし4着。初勝利は同年9月22日の高松競輪場

1987年、オールスター競輪に出場。また当時競輪の最高ランクであるS級1班昇進がかかっていたが、兄の栄治の骨髄移植ドナーとなった影響もあり、昇進を果たせなかった[1]

2006年4月3日防府競輪場で通算200勝を挙げた。

2009年1月5日、選手登録を削除され引退。通算戦績1947戦207勝、優勝16回。

参考文献[編集]

  1. ^ 野球好きの健司へ引退記念サービスやで - (齊藤哲也の)こんな人脈こんな話 2009年1月11日付(スポーツニッポン)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]