大コーカサス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大コーカサス山脈
Kaukasus.jpg
所在地 ロシアの旗 ロシア
ジョージア (国)の旗 ジョージア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
最高峰 エルブルス山
延長 1200km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

大コーカサス山脈(Greater Caucasus)はコーカサス山脈の主要部分を成す山脈であり、小コーカサス山脈の北側に位置する。北西から南東に約1200㎞伸び、黒海タマン半島からカスピ海アブシェロン半島にかけて連なる。この山脈がアジアヨーロッパの境界となっている。 西部はより湿潤な森林地帯、東部は比較的乾燥している。アルプス・ヒマラヤ造山帯に属す新期造山帯である。