夜の果てへの旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夜の果てへの旅
Voyage au bout de la nuit
作者 ルイ=フェルディナン・セリーヌ
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ジャンル 長編小説
刊行 1932年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

夜の果てへの旅』(よるのはてへのたび、よのはてへのたび、原題:Voyage au bout de la nuit)はルイ=フェルディナン・セリーヌ1932年に発表した処女長編小説。放浪者、フェルディナン・バルダミュの旅を描いた作者の半自伝的な作品である[1]

あらすじ[編集]

日本語訳[編集]

  • 『夜の果てへの旅』生田耕作訳、 中央公論社「世界の文学42 セリーヌ」、1964年 / 中公文庫、上下、1978年
  • 『夜の果てへの旅』高坂和彦訳、国書刊行会「セリーヌの作品1」、1985年

注釈[編集]

  1. ^ 生田耕作訳、中公文庫、訳者解説。