夕やけこやけライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道378号標識
夕やけこやけライン(中央)とJR下灘駅(右)

夕やけこやけライン(ゆうやけこやけライン)は、愛媛県伊予市双海町から大洲市長浜町の国道378号の一部。全国公募で選ばれた愛称で、ドライブコースである[1]夕やけ小やけラインとも表記される。

概要[編集]

  • 伊予灘沿いを走るシーサイドライン。名称の由来は日本一の夕日(夕焼け)のまち「双海町」を通ることから。
  • 全線2車線。

解説[編集]

  • 伊予市街で国道56号から国道378号へ向かう。最初は狭めの道で山中を走る。その後、海沿いに出る。
  • 途中の道の駅ふたみは、海に面し、すぐの所に砂浜がある。
  • 長浜の肱川河口では市街地を通過するが、ほとんどは海沿いを走る道である。昼間に来ても海の景観を望むことが出来るが、本来の魅力を知るには夕焼けの時間帯が望ましい。

周辺[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]