塚田祥雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚田 祥雄(つかだ よしお、1986年6月29日 - )はJRA美浦トレーニングセンター藤沢和雄厩舎に所属していた元騎手北海道出身。身長157.3センチメートル、体重45.5キログラム、血液型O型。騎手免許は平地競走障害競走両方の免許を所持していたが障害レースの騎乗経験はなかった。

来歴[編集]

2002年4月、第21期生としてJRA競馬学校騎手課程に入学。2005年、競馬学校騎手課程を卒業しJRAの騎手免許を取得する。同期には小島太一鮫島良太らがいる。藤沢和雄厩舎所属でデビューとなる。3月5日、JRA初騎乗となった中山競馬場での第1競走では13番人気だったスキャターダンサーに騎乗し11着。3月26日、中山競馬場での第4競走に1番人気で出走したピサノグラフで勝利しJRA初勝利を挙げる。デビュー年は228戦11勝という成績だった。

2006年、重賞初騎乗となった函館スプリントステークスでは12番人気のマイネルハーティーに騎乗し11着だった。

2007年、3月に第21回全日本新人王争覇戦に参加する。6月24日函館競馬場での第12競走でカンファーエルフに騎乗しレース中に前にいた馬と接触し落馬した。その際に頭部を強打し意識不明となり入院していたが、8月に入り意識を取り戻した。11月16日、より一層の機能回復を目指しリハビリテーションのため函館市内の他の病院へ転院した。

2010年、騎手免許を更新せず2月28日をもって引退した[1]。落馬による脳挫傷は2007年の常石勝義2009年石山繁、塚田と続いてしまい3年間で3人もの騎手がこれが原因で引退を余儀なくされる事態となった。その5年後の2015年には高嶋活士もこれが原因で引退している。常石、石山、高嶋は後に障碍者馬術選手に転向したが、塚田の現在の状況は不明である。

表彰[編集]

おもな騎乗馬[編集]

年度別成績表[編集]

中央競馬[編集]

騎乗数 勝利数 勝率 連対率 勝利数順位
関東 全国
2005年 228 11勝 .048 .088 64位
2006年 620 44勝 .071 .134 11位 26位
2007年 315 16勝 .051 .124 25位 57位
通算 1163 71勝 .061 .122 - -

地方競馬[編集]

騎乗数 勝利数 勝率 連対率
2005年 騎乗なし
2006年 3 0勝 .000 .000
通算 3 0勝 --- ---

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]