堀井拓馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堀井 拓馬
(ほりい たくま)
誕生 (1987-02-17) 1987年2月17日(30歳)
日本の旗東京都
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 文京学院大学卒業
活動期間 2011年 -
ジャンル ホラー小説
主な受賞歴 第18回日本ホラー小説大賞長編賞受賞
デビュー作 なまづま
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

堀井 拓馬(ほりい たくま、1987年2月17日 - )は、日本のホラー作家東京都出身、在住。

経歴・人物[編集]

文京学院大学[1]。投稿作「なまづま」にて、角川書店の主催する第18回日本ホラー小説大賞の長編賞を受賞[1]し、同作でデビュー。同作は「第3回AXNミステリー 闘うベストテン」においても第5位に選ばれた[2]。近年では『早稲田文学』にも作品を寄稿するなど活動の幅を広げている。

作品リスト[編集]

書籍[編集]

  • なまづま (角川ホラー文庫、2011年10月)
  • 夜波の鳴く夏 (角川ホラー文庫、2012年8月)
  • 臨界シンドローム
不条心理カウンセラー・雪丸十門診察奇談
          (角川ホラー文庫、2017年9月)

寄稿作品[編集]

  • いつかさよならに良い日まで (『早稲田文学』2014年冬号 寄稿)
  • 最愛でないあなたへ (『早稲田文学』2015年春号 寄稿)
  • あまりに春で悲しい獣 (『早稲田文学』2016年夏号 寄稿)

出典[編集]

  1. ^ a b 第18回日本ホラー小説大賞受賞作”. webKADOKAWA. 2012年1月25日閲覧。
  2. ^ AXNミステリー「第3回闘うベストテン」に多数ランクイン!”. HAYAKAWA ONLINE. 2012年1月28日閲覧。