埴原城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
埴原城
長野県
埴原城の石垣
埴原城の石垣
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 埴原氏(村井氏)
築城年 ?
遺構 長野県松本市中山町村
筑摩郡埴原村東筑摩郡中山村埴原)
指定文化財 なし

埴原城(はいばらじょう)は長野県松本市にあった日本の城

概要[編集]

埴原城は、信濃守護小笠原氏の家臣埴原氏村井氏)の城であった。
天文19年(1550年)、武田晴信の攻撃により真っ先に攻撃され落城し、この後林城など小笠原氏の諸城は、続々と落城し、信濃守護小笠原氏はこの地を追われることになった。 武田氏滅亡後、松本盆地を奪還した小笠原貞慶が改修し、現在の城跡はその時のものと推定されている。 現在も石垣土塁などが一部残る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]