埴原城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
埴原城
長野県
埴原城の石垣
埴原城の石垣
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 埴原氏(村井氏)
築城年 不明
主な城主 埴原氏
廃城年 不明
遺構 曲輪石垣土塁
指定文化財 長野県指定史跡
「小笠原氏城跡」の一つ
位置 北緯36度11分19.3秒
東経138度00分56.9秒
座標: 北緯36度11分19.3秒 東経138度00分56.9秒
地図
埴原城の位置(長野県内)
埴原城
埴原城

埴原城(はいばらじょう)は、長野県松本市にあった日本の城。県指定史跡小笠原氏城跡」を構成する山城群(埴原城跡、山家城跡、桐原城跡、林小城[注釈 1])の一つ[1][2]

概要[編集]

信濃国守護小笠原氏の家臣埴原氏(村井氏)の城であった。

天文19年(1550年)、武田晴信により真っ先に攻撃され落城した。この後、林城など小笠原氏の諸城は続々と落城し、信濃守護小笠原氏はこの地を追われることになった。

武田氏滅亡後、松本盆地を奪還した小笠原貞慶が改修し、現在の城跡はその時のものと推定されている。石垣土塁などが一部残る。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 林小城跡」については2018年(平成30年)11月16日の文化審議会答申により、国の史跡に指定される見込み。

出典[編集]

  1. ^ 「小笠原氏城跡」公益財団法人 八十二文化財団公式HP
  2. ^ 「小笠原氏城跡」松本市公式HP

外部リンク[編集]