山家城 (信濃国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
山家城
長野県
山家城の石積
山家城の石積
別名 中入城
城郭構造 山城
築城主 山家氏
主な城主 山家昌治
指定文化財 なし

山家城(やまべじょう)は、長野県松本市にあった日本の城。別名、中入城。

概要[編集]

鎌倉時代諏訪氏の一族が山家氏を称し、この地に居城を築いたと言われている。文明12年(1481年)に小笠原氏に攻められ、諏訪氏の流れをくむ山家氏は滅亡した。

その後は、小笠原氏の系統である折野昌治が山家氏を称し、山家昌治となりこの地を治めた。しかし、山家昌治は、後に武田氏に従った。

城跡は石垣などが現在も残る。小笠原氏城跡として林城埴原城などと共に長野県史跡に指定されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]