坪井俊映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坪井 俊映(つぼい しゅんえい、1914年大正3年)10月2日 - 2010年平成22年)9月6日)は日本の仏教学者浄土宗僧侶(浄土門主大僧正)、浄土三部経に関する著書多数。京都府出身

経歴[編集]

主な著作[編集]

  • 『知恩院 古寺巡礼京都16』共著 淡交社 新版2007年
  • 『浄土三部経講座』 浄土宗 2002年
  • 『浄土三部経概説』 法蔵館 新版1996年
  • 法然浄土教の研究 伝統と自証について』 隆文館 1982年
  • 浄土教汎論』 隆文館 1980年
  • 『浄土学概論』 佛教大学、1992年ほか
  • 『法然浄土教要文集』編著、平楽寺書店、1995年 2005年
  • 『法然上人の教え 法然浄土教の特質』 教育新潮社 1974年

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 『仏教文化論攷 坪井俊映博士頌壽記念』 佛教大学、同記念会編、1984年(昭和59年)

脚註[編集]

先代:
中村康隆
浄土門主
2007 - 2010
次代:
伊藤唯真