坂本尚夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 尚夫(さかもと たかお、1943年9月14日- )は、秋田県仙北市出身の薬学者[1]東北大学薬学部教授、東北大学高等教育開発推進センター長、東北大学大学院薬学研究科長[2]、東北大学副学長[1]、国立薬学部長会議議長[3]などを歴任。東北7県(新潟県を含む)の産学官連携を具現化するための組織、インテリジェント・コスモス研究機構の社長を務めている[4]

経歴[編集]

著書[編集]

共著[編集]

教育[編集]

月刊薬事2001年1月号で、「大学院重点化後の薬学教育および研究」について書いている。2002年11月、東北大学総長補佐及び同大学教育研究センター長、2005年には教務担当の副学長に就任した[1]。2006年には日本薬学会教育賞を受賞している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 第20回定時株主総会ならびに役員人事について (PDF)”. インテリジェント・コスモス研究機構 (2008年6月18日). 2012年6月1日閲覧。
  2. ^ 公益信託西宮機能系基礎医学研究助成基金助成者一覧 (PDF)”. 日本薬理学会. 2012年6月1日閲覧。
  3. ^ 薬剤師認証制度の体制整備準備会 (PDF)”. 薬剤師認定制度認証機構 (2003年10月6日). 2012年6月1日閲覧。
  4. ^ 会社概要”. インテリジェント・コスモス研究機構. 2012年6月1日閲覧。
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 【日本薬学会】次々期会頭に長野氏‐薬学会賞等の受賞者も決定”. 薬事日報 (2006年11月24日). 2012年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]