坂本俊吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 俊吾(さかもと しゅんご、1987年3月17日 - )は、シンガポール在住の日本人投資家(ファンドマネジャー)、相場師[1]

令和元年9月に日本栄典の一つである紺綬褒章を受章[2]。令和3年12月には紺綬褒章飾版並びに賞杯を授かる[3]

独立系資産運用会社ブラック・クローバー・リミテッド(Black Clover)創業者[4]。徹底した企業分析によるバリュー投資を基本とし、投資先に訪問し企業価値向上の提案を行うアクティビストとして活動している。

経歴[編集]

福島県いわき市出身。東京大学卒業。東京大学基金栄誉会員[5]

東京大学在学中に会社経営を行い、その利益を元手に株式投資をはじめ、現在の前身となるファンドを立ち上げる。大学卒業後にバークレイズ証券に勤務した後、投資銀行時代の同僚と共にBlack Cloverを設立。同社は中東最大のタックスヘイブン、アラブ首長国連邦の都市ドバイに拠点を置く[6]。2019年よりシンガポールに移転。

投資観[編集]

ブラック・クローバー・リミテッド創業当初から日本の上場企業へバリュー投資を中心に行っている。企業の証券分析に特化しており、株式価格に対して割安な企業、中長期的な視点で収益を生むであろう資産の裏付けがある企業の見極めなどを得意としている。アクティビストとしての主な活動事例にカーディナル株式会社及び常磐開発株式会社マネジメント・バイアウトによるTOB等がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ <大阪開催>ドバイ在住、現役若手ヘッジファンドマネージャーが教える「実践的株式投資手法」 | 士業・専門家・経営者の実務セミナー | TAP実務セミナー”. tap-seminar.jp. 2021年11月4日閲覧。
  2. ^ インターネット版官報 令和元年10月7日(106号)”. kanpou.npb.go.jp. 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ インターネット版官報 令和4年1月7日(650号)”. 2022年1月7日閲覧。
  4. ^ 会社情報 – Black Clover” (日本語). 2021年11月4日閲覧。
  5. ^ ファンドマネージャー名鑑:Black Clover坂本俊吾氏” (日本語). みんかぶ. 2021年11月4日閲覧。
  6. ^ プロフィール” (日本語). 世界で働く投資家のブログ | 坂本俊吾. 2021年11月4日閲覧。