坂川栄治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂川 栄治(さかがわ えいじ、1952年 - 2020年8月2日[1])は、日本のアート・ディレクター装丁家、文章家、写真家である。[2]

経歴[編集]

北海道生まれ。北海道綜合美術専門学校(現北海道芸術デザイン専門学校)卒業。 1985年 - 1989年、雑誌『SWITCH』にて、アート・ディレクターを務める。 1987年、坂川事務所を設立。書籍の装丁だけではなく、広告・PR誌・CD・映画・空間デザインのディレクションをするなど幅広く活動する。 1992年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。 代表作に、吉本ばななTUGUMI』(中央公論新社)。ヨースタイン・ゴルデルソフィーの世界』(NHK出版)がある。これまでに手がけた装丁本は6000作品を超える。

2020年8月2日、心筋梗塞のため死去。68歳没[3]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “坂川栄治氏が死去 装丁家”. 日本経済新聞. (2020年8月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62640740U0A810C2CZ8000/ 2020年8月14日閲覧。 
  2. ^ 坂川栄治グラフィックデザイン事務所公式ホームページ
  3. ^ “坂川栄治さん死去「TUGUMI」など書籍装丁”. 日刊スポーツ社. (2020年8月14日). https://www.nikkansports.com/general/news/202008140000270.html 2020年8月15日閲覧。