坂口武市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂口 武市
生年月日 1883年7月23日
出生地 鳥取県
没年月日 (1958-03-05) 1958年3月5日(74歳没)
出身校 早稲田大学
前職 会社重役
配偶者 妻・坂口ふみ子
親族 養父・坂口平兵衛 (初代)(貴族院議員)

日本の旗 米子市議会議員
在任期間 1931年 -
テンプレートを表示

坂口 武市明治16年(1883年7月23日 - 昭和33年(1958年3月5日))は日本実業家政治家旧姓井上。元米子商工会議所会頭。元県会議員、米子市議会議員。鳥取県平民[1]

経歴[編集]

鳥取県人・井上豊治郎の二男[2]、井上喜代太の弟[1]平兵衛の養子[2]。坂口家は藩政時代“沢屋”と称し、綿、木綿仲買業を営んでいた[3]。初代平兵衛が、「坂口財閥」と呼ばれるように家業を発展させた。

明治39年(1906年)7月早稲田大学法学科卒業[4]山陰電気常務取締役に就任[4]。明治42年(1909年分家して一家を創立す[1]

大正15年(1926年)8月合併により広島電気(中国電力の前身)取締役山陰支社長[4]となる。

大正2年(1913年)9月の町会議員当選以来昭和2年(1927年)3月まで13年7ヵに亘り町勢伸展に尽し[4]、同6年(1931年)6月市会議員当選と共に市会議長に選任され同10年(1935年)6月再選まで通算20有余年議員の職にあり、その間2期県会議員に当選した[4]

会頭在任は3期12年間に亘り、同16年(1941年)3月顧問に推挙された[4]

産業功労者として県知事より又自治功労者として米子市長よりそれぞれ表彰を受章[4]

人物像[編集]

『財界人物選集』(1939年)四九六頁によれば、坂口の役職は「米子商工会議所会頭、米子市会議員、隠岐電気(株)社長、広島電気、米子電車軌道米子銀行坂口商店各(株)取締役」などである。

趣味謡曲[2]宗教浄土宗[2]。住所は米子市西町[2]

家族・親族[編集]

坂口家[編集]

鳥取県米子市尾高町、米子市西町[2]
明治17年(1884年)1月生[1] - 没
  • 長男・[1](実業家)
明治40年(1907年)7月生[1] - 没
  • 長女・静枝[1]
明治43年(1910年)2月生[1] - 没
  • 男・和夫[6]
明治44年(1911年)11月生[1] - 没
  • 三男・玄吉[1]
大正3年(1914年)2月生[1] - 没
  • 二女・富士子[1]
大正6年(1917年)5月生[1] - 没
大正8年(1919年)3月生[1] - 没
  • 七男・[1]
大正11年(1922年)2月生[1] - 没
  • 三女・保子[6]

親戚[編集]

明治13年(1880年)3月生[7] - 没

参考文献[編集]

  • 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ七一頁
  • 『財界人物選集』(1939年)、四九六頁
  • 『米子経済九十年の歩み』(1981年、編集兼発行者 米子商工会議所)、243頁
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 424-433頁

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『人事興信録. 7版』(大正14年)さ八五
  2. ^ a b c d e f 『財界人物選集』、四九六頁
  3. ^ 『米子商業史』410頁
  4. ^ a b c d e f g 『米子経済九十年の歩み』243頁
  5. ^ 『財界人物選集』(1939年)、四九六頁には「坂口平兵衛養女」とある
  6. ^ a b 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ七一頁
  7. ^ a b c d 『人事興信録. 7版』(大正14年)い二〇