坂井利彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂井 利彰(さかい としあき、1974年4月9日 - )は、東京都出身の元テニス選手、テニス指導者、日本テニス協会理事。

経歴[編集]

柳川高校卒

慶應義塾大学法学部卒。慶應義塾大学大学院後期博士課程修了。博士(政策メディア)。

幼少時からテニスを始め、慶應義塾大学在籍中には全日本学生テニス選手権シングルスに優勝。

卒業後は日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)、ソニー株式会社に勤務。

2002年にプロ転向。引退後の現在は慶應義塾大学准教授・庭球部監督として活動。

父親は元プロテニス選手の坂井利郎

戦績[編集]

指導歴[編集]

指導資格[編集]

主な著書[編集]

  • 『松岡修造さんと考えてみたテニスへの本気』(2015年-東邦出版
  • 『錦織圭 限界を突破する瞬間』(2015年-KADOKAWA
  • 『テニス世界トップ10も実践する最新の打ち方・戦い方』(2014年-東邦出版
  • 『日本人のテニスは25歳過ぎから一番強くなる』(2014年-東邦出版
  • 『テニス世界最先端の練習法』(2011年-東邦出版
  • 『ダブルスで勝てる!テニス最強の戦術』(2011年-メイツ出版
  • 『トップテニスプレイヤーにおける早熟型と晩成型の比較分析』(2009年-KEIO SFC JOURNAL)

テレビ解説[編集]

  • NHKテニス解説者

その他の活動[編集]

  • 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント・トーナメントディレクター

脚注[編集]

[ヘルプ]