地獄 (1960年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
地獄
監督 中川信夫
脚本 中川信夫
宮川一郎
製作 大蔵貢
出演者 天知茂
三ツ矢歌子
沼田曜一
音楽 渡辺宙明
撮影 森田守
編集 後藤敏男
配給 日本の旗 新東宝
公開 日本の旗 1960年7月30日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

地獄』(じごく)は、1960年(昭和35年)7月30日公開の日本映画中川信夫監督、新東宝製作・配給、シネマスコープ(新東宝スコープ)、フジカラー、9巻 / 2,753メートル(1時間41分)。

概要[編集]

新東宝の夏興業で定番となっていた怪談ものに「地獄の責め苦の映像化」を持ってきた作品で、企画や原案も中川信夫によるものである[1]仏教八大地獄の映像化がテーマとなっているが、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの『ファウスト』やダンテ・アリギエーリの『神曲』など、西洋思想における悪魔や地獄のイメージも盛り込まれている。

新東宝の看板俳優だった嵐寛寿郎が、閻魔大王役でカメオ出演している。

本作が封切られた同年12月大蔵貢が新東宝社長を解任されたため、本作は結果的に中川信夫が手掛けた最後の新東宝怪奇映画となり、同時に大蔵貢プロデュースによる中川作品の最後を飾るものとなった。

あらすじ[編集]

仏教系の大学に通う清水四郎は、恩師の矢島教授の下で彼の一人娘の幸子と婚約していたが、謎めいた笑みを浮かべる同窓の田村がしつこくつきまとってくるため、彼の誘惑から逃れようとして逆に次々と罪を重ねていく。まもなく、幸子を自動車事故で亡くしてしまった四郎は実家へ戻るが、そこに住む画家の谷口円斎の娘で幸子にそっくりなサチ子と恋に落ちる。しかし、田村に加えて四郎に轢き逃げされたヤクザの志賀恭一の情婦が復讐しようと後を追ってきたため、四郎は吊り橋でもみ合っているうちに2人を殺害してしまう。

その晩、四郎の父の剛造が経営する老人ホーム「天上園」の創立十周年記念パーティーでは集団食中毒が発生し、入所老人たちが全員死亡。更に復讐にやってきた志賀の母がに毒を盛ったことで、四郎も剛造もすべての人間が悶死する。死の間際、地獄へ落ちる幻想を見た四郎は、そこで会った幸子の霊から彼女が四郎の子を身ごもっていたことや、その子も水子になって地獄へ落ちていることを告げられる。四郎は我が子を見つけるべく、八大地獄修羅場をさまようのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

評価[編集]

  • 「怪奇映画ベストテン」第23位 - 『映画評論』、1974年10月号。

映像ソフト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『宮川一郎インタビュー』、p.45-46.
  2. ^ 「'99TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2000』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2000年4月20日、63頁。雑誌コード:01844-04。
  3. ^ 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日、67頁。雑誌コード:01844-04。

外部リンク[編集]