國井一家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
國井一家
設立戦前
設立者國井 源吾衛門
本部茨城県鹿嶋市宮中4-2-10
首領伊藤 央
上部団体松葉会

國井一家(くにいいっか)は、茨城県鹿嶋市に本拠を置く博徒暴力団で、指定暴力団松葉会の二次団体。

来歴[編集]

関根組の幹部であった國井源吾衛門が戦前に結成。関根組解散後は、松葉会に加入した。1968年に國井が死去してしばらく総長不在の状態が続いたものの、沼田正が二代目を継承。1983年に沼田が死去すると、総長代行の役にあった伊藤芳将が三代目を継承した。2008年に秋葉光作が四代目を継承した、2011年に秋葉が死去。

歴代総長[編集]

  • 初代(19**年~1968年) - 國井源吾衛門
  • 二代目(19**年~1983年) - 沼田正
  • 三代目(1983年~2008年) - 伊藤芳将(松葉会幹事長、茨城松誠会会長)
  • 四代目(2008年~2011年) - 秋葉光作(松葉会執行部理事、茨城松誠会会長補佐兼理事長)
  • 五代目 – 伊藤芳将(七代目松葉会会長、元最高顧問・伊藤義雄の息子)
  • 六代目 – 伊藤 央(元最高顧問・伊藤義雄の息子、五代目・伊藤芳将の実弟)

幹部陣(2008年時点)[編集]

  • 総長 - 空席
  • 最高顧問 - 伊藤義雄(三代目の実父)
  • 舎弟・総長補佐 - 保立岩男(神栖市知手地区貸元、保立組組長)
  • 舎弟・総長補佐 - 出口衛(行方市貸元、出口組組長)
  • 舎弟・総長補佐 - 須田篤(國神会会長)
  • 舎弟・総長補佐 - 牧野行雄(牧野組組長)
  • 直参・理事長 - 水野克美(神栖市北地区貸元、水野組組長)
  • 直参・本部長 - 飯島章次(神栖市南地区貸元、飯島組組長)
  • 直参・理事長補佐 - 下川徳治郎(鹿嶋市貸元、下川組組長)
  • 直参・理事長補佐 - 石川勝男(鉾田市貸元、石川組組長)
  • 直参・理事長補佐 - 大塚操
  • 直参・理事長補佐 - 菊地和浩(神栖市波崎地区貸元、菊地組組長)
  • 直参・理事長補佐 - 増尾章(鹿嶋市大野地区貸元、増尾組組長)
  • 直参・理事長補佐 - 貝塚美祐(東京責任者)
  • 直参・総本部事務局長 - 中川太平(潮来市貸元、三代目宮田組組長)
  • 直参・執行部 - 三瓶賢秀(三瓶組組長)
  • 直参・執行部 - 片岡敏夫(片岡組組長)
  • 直参・執行部 - 高田清(出口組相談役)
  • 直参・執行部 - 淺野幸男(國神会相談役)
  • 直参・執行部 - 中村洋一(保立組相談役)
  • 直参・執行部 - 伊藤央(伊藤組組長)
  • 直参・執行部 - 須田伸治(國神会・二代目須田組組長)
  • 直参・執行部 - 池田高男
  • 直参・執行部 - 荒川銃壱(荒川組組長)
  • 相談役 - 柳町洋志
  • 相談役 - 保立堂雄
  • 相談役 - 大竹梅松
  • 相談役 - 沼崎勝男
  • 相談役 - 寺沢博
  • 総本部事務局次長 - 石津陽二
  • 総長付事務局次長 - 山田政孝
  • 幹部 - 山辺幸生
  • 幹部 - 栗原信夫
  • 幹部 - 秋山勇次
  • 幹部 - 青木英男
  • 幹部 - 長谷川聡
  • 幹部 - 永嶋政太郎
  • 幹部 - 鈴木真二
  • 幹部 - 幸保和幸
  • 総長付 - 石田雅夫
  • 総長付 - 林守
  • 総長付 - 佐々木隆
  • 総長付 - 堀内真樹
  • 総長付 - 岩崎正寿
  • 総長付 - 大槻薫
  • 総長付 - 松本一利
  • 総長付 - 山本隆幸
  • 総長付 - 田村淳一

参考文献[編集]