國下和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
國下 和男
くにした かずお
生年月日 (1942-01-01) 1942年1月1日(79歳)
出生地 大阪府藤井寺市
出身校 関西大学経済学部
所属政党 無所属
称号 旭日小綬章

当選回数 3回
在任期間 2007年5月17日 - 2019年5月16日
テンプレートを表示

國下 和男(くにした かずお、1942年1月1日 - )は、日本政治家。元大阪府藤井寺市長(3期)。

来歴[編集]

大阪府藤井寺市出身。関西大学経済学部卒業。1966年(昭和41年)4月、南河内郡美陵町役場に採用される。同年11月1日、美陵町は市制施行して美陵市となり、また即日藤井寺市と改称する。これとともに藤井寺市役所職員となる。

1990年(平成2年)4月、市民部長。1991年(平成3年)6月、議会事務局長。1995年(平成7年)6月、市長公室長。 2002年(平成14年)3月、退職。同年4月、旅館経営にあたる[1]

翌2003年(平成15年)の藤井寺市長選挙に出馬するも落選。2007年(平成19年)に初当選。

2019年(平成31年)4月の市長選は出馬せず引退した[2]

2020年、旭日小綬章受章[3]

市長選挙の結果[編集]

2003年(平成15年)[編集]

2003年(平成15年)4月27日執行。現職の井関和彦に挑むも落選[4]

※当日有権者数:人 最終投票率:62.07%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
井関和彦60無所属16,807票53.18%(推薦)自民党民主党公明党自由党社民党保守新党
國下和男61無所属14,799票46.82%

2007年(平成19年)[編集]

2007年(平成19年)4月22日執行。前回敗れた井関との一騎討ちを制し初当選を果たす。

※当日有権者数:52,826人 最終投票率:59.22%(前回比:-2.85pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
國下和男65無所属16,359票53.55%
井関和彦64無所属14,191票46.45%(推薦)自民党・民主党・公明党

2011年(平成23年)[編集]

2011年(平成23年)4月24日執行。元市議の石本良介を破り再選[5]

※当日有権者数:52,925人 最終投票率:54.09%(前回比:-5.13pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
國下和男69無所属20,312票73.88%(推薦)民主党・自民党
石本良介64無所属7,183票26.12%

2015年(平成27年)[編集]

2015年(平成27年)4月26日執行。元市職員の林均を破り3選[6]

※当日有権者数:52,884人 最終投票率:52.02%(前回比:-2.07pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
國下和男73無所属14,149票52.88%(推薦)民主党
林均64無所属12,608票47.12%

脚注[編集]

[脚注の使い方]