國ノ濱源逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

國ノ濱 源逸(くにのはま げんいつ、1906年7月3日 - 1986年12月20日)とは大相撲の元幕内力士である。本名は中馬 源逸(ちゅうば げんいつ)。鹿児島県姶良郡(現・霧島市)出身。井筒部屋所属。現役時代の体格は身長170cm、体重109kg、得意手は押し。最高位は西前頭5枚目(1932年2月場所、3月場所)、血液型はB型。

略歴[編集]

  • 1931年5月場所は幕下筆頭で4勝4敗の五分、10月場所は2勝3敗の成績だったが、1932年1月の春秋園事件で協会に残ったために2月場所でラッキーな新入幕を果たした。しかし実力が昇進についていかなかったために、1933年1月場所では早々と十両に転落している。四股名を綾甲と改めて返り咲きを目指したものの、その夢を果たすことなく、三段目まで転落した1934年1月場所を最後に廃業した。

経歴[編集]

戦績[編集]

  • 幕内在位:4場所 
  • 幕内成績:8勝26敗6休 勝率.235

改名歴[編集]

  • 國ヶ濱→國ノ濱→綾甲