国家死滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国家死滅(こっかのしめつ)または国家の終焉(こっかのしゅうえん)とはフリードリヒ・エンゲルスによって造語されたマルクス主義者の概念であって、国家政府は終局的に廃れ、その政府とそれの法的強制の権力なしにその社会がそれ自身を統治できるようになるであろうものとして現れる、社会主義の理念の実現をもったところの思想をそれは指す。

語句の由来[編集]

その語句は反デューリング論の第三部、第二章において、フリードリッヒ・エンゲルスによって造語された:

大内 et al. 1968, pp. 289-290) 社会関係への国家権力の干渉は、一分野から一分野へとつぎつぎによけいなものになり、やがてひとりでに眠り込んでしまう。人にたいする統治に代わって、物の管理と生産過程の指揮とが現われる。国家は「廃止される」のではない。それは死滅するのである [1]

家族・私有財産・国家の起源から由来するエンゲルスからの別の関連した引用:

大内, 細川 & 村田 1971, pp. 172) 生産者の自由で平等な協同団体(アソツイアツイオーン)を基礎にして生産を組織しかえる社会は、国家機構全体を、それがそのとき当然所属すべき場所に移すであろう、―すなわち、糸車や青銅の斧とならべて、古代博物館へ。[2][3]

解釈[編集]

国家死滅の考えをエンゲルスが始めに導入したけれども、彼はその基礎となす概念をカール・マルクスと、―ウラジーミル・レーニンを含む―それを後に拡張するその他のマルクス主義理論家英語: Marxist theoristsたちに帰した。[4][5]国家死滅のこの概念によれば、終局的な共産社会英語: communist societyはもはや社会全体に利益を得るところの方法で個人らがそうなるよう勧誘するのに強制を必要としないだろう。[4][5]このような社会はプロレタリア独裁の一時的な期間の後に起きるだろう。[5]

それは社会主義と呼ばれる社会の現れた段階での国家の変形の概念から進む。エンゲルスは―彼よりも前のアンリ・ド・サン=シモンによってなされた主張に似た―社会主義社会においては公的な組織化は基本的に、法律の立法や執行とは対照的に、資源の最適な配置のような技術的な問題に関係するようになるだろう、そしてしたがって、伝統的な国家の機能は社会の働きにとってしだいに不適切かつ不必要になるだろう、ことを仮定する。エンゲルスは、「国民の政府ではあるが、しかし物の管理」による国家の変形そのもの、そしてこのようにその用語の伝統的な意味においての国家にはならないだろうことを主張する。

関連項目[編集]

脚注または引用文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 斜体字の原文は傍点
  2. ^ Blackwell (1999).
  3. ^ Engels.
  4. ^ a b withering away of the state. (2007). In Palgrave Macmillan Dictionary of Political Thought. Retrieved from http://www.credoreference.com/entry/macpt/withering_away_of_the_state
  5. ^ a b c "Withering Away of the State." In the Encyclopedia of Plitical Science, edited by George Thomas Kurian. Washington, DC: CQ Press, 2011.

ウェブサイト[編集]

書籍[編集]

  • Institut für Marxismus-Leninismus beim ZK der SED, ed (1962). Karl Marx-Friedrich Engels: Welke. 20. Berlin: Dietz Verlag. 
    • 上記の和書:大内, 兵衛、細川, 嘉六、粟田, 賢三、村田, 陽一『反デューリング論・自然の弁証法』20、大月書店〈マルクス=エンゲルス全集〉、東京都文京区本郷、1968年10月30日、第1版。
  • Institut für Marxismus-Leninismus beim ZK der SED, ed (1962). Karl Marx-Friedrich Engels: Welke. 21. Berlin: Dietz Verlag. 
    • 上記の和書:大内, 兵衛、細川, 嘉六、村田, 陽一『1883~1889』21、大月書店〈マルクス=エンゲルス全集〉、1971年8月31日、第1版。