国家公務員退職手当法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国家公務員退職手当法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和28年8月8日法律第182号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 国家公務員の退職手当の支給について
関連法令 国家公務員法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

国家公務員退職手当法(こっかこうむいんたいしょくてあてほう)は、国家公務員退職した場合に支給される退職手当の基準を定めることを目的として制定された法律である。

構成[編集]

  • 第1章 総則(第1条―第2条の3)
  • 第2章 一般の退職手当(第2条の4―第8条の2)
  • 第3章 特別の退職手当(第9条・第10条)
  • 第4章 退職手当の支給制限等(第11条―第19条)
  • 第5章 雑則(第20条・第21条)
  • 附則

参考文献[編集]


関連項目[編集]