因島日立グラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:球場の全景の画像提供をお願いします。2011年2月

因島日立グラウンド(いんのしまひたちグラウンド)は、広島県尾道市因島土生町の因島公園にある野球場である。

略歴[編集]

1960年代に栄えていた日立造船の社員が町内野球などをするために作ったグラウンドである。1968年に広島カープの2軍オープン戦が開催された。1970年代前半の造船不況で経済的な打撃を受け、1987年に日立造船が撤退したため、最近は少年野球以外使われていない。また、因島運動公園が出来たこともあり使わない時期は雑草がはえている。    

かつては、阪神甲子園球場よりもでかいと島民からもてはやされたものの、現在は、駐車場を作ったため両翼と中堅ともに狭くなり、また、グラウンドの清掃用の物も錆びており、倉庫は鍵がかかったままで電気を入れるところのスイッチが壊れたままになっている。

構要[編集]

  • 両翼:‐m
  • 中堅:‐m
  • 収容人数:‐人
  • 照明設備:6基

関連項目[編集]