四式七糎半高射砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Type 4 75 mm AA gun.jpg
制式名 四式七糎半高射砲
放列砲車重量 3,355kg
口径 75mm
全長 4.230m
砲身重量 837kg
初速 850m/s
最大射程 17,000m
最大射高 11,000m
高低射界 0〜+85度
方向射界 360度
後座長 550〜1000mm(規定後座長)
1200mm(設計上の最大後座長)
使用弾種 三式高射尖鋭弾
試製一式徹甲弾
牽引車 九八式六屯牽引車
使用勢力 大日本帝国陸軍

四式七糎半高射砲(よんしきななせんちはんこうしゃほう)とは太平洋戦争中に帝国陸軍が使用した 高射砲である。

概要[編集]

従来の八八式七糎半野戦高射砲の威力および、運動性の不足を考慮し新しく研究する必要に迫られていたが、研究に割く時間がないなどの理由で、中国で鹵獲したボフォース社の75mm Lvkan m/29英語版高射砲[1]リバースエンジニアリングでコピーしたが、運行用の接続砲車の設計は日本独自に行なった。試製砲は1943年昭和18年)に完成し、1944年(昭和19年)制式としたが、70門ほどしか生産できなかった。

牽引式で高速度運動が可能であり、かつ迅速簡単に運行姿勢と放列姿勢の転換ができる機能を備えている。[2]

八八式七糎半野戦高射砲に比べて1トン以上も重いが、九八式六屯牽引車によって牽引され、運行速度は45km/hを記録した。[2]

また、四式中戦車(チト)、五式中戦車(チリ)、試製七糎半対戦車自走砲(ナト)などに搭載された、五式七糎半戦車砲の母体としても利用された。

脚注[編集]

  1. ^ この砲はボフォース製であるが原設計はクルップであり、8.8 cm FlaK 18設計のための習作とも言えるものであった。
  2. ^ a b 「日本の大砲」 竹内昭・佐山二郎共著 出版共同社 昭和61年 p376

参考資料[編集]

関連項目[編集]