和田淑弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

和田 淑弘(わだ よしひろ、1931年 - 2015年4月7日)は日本の実業家マツダ社長や日本自動車工業会副会長、中国経済連合会副会長等を務めた。コロンビア共和国国家功労大十字勲章。

来歴・人物[編集]

島根県出身。1955年一橋大学商学部を卒業し、住友銀行(のちの三井住友銀行)入行[1]。審査畑を歩む。住友銀行取締役を経て、1983年、東洋工業(のちのマツダ)顧問就任[1]。専務を経て、1985年マツダ副社長[1]

1991年に社長に就任[2]、原価低減活動を推進[3]するとともに、フォード・モーターとの提携強化を進めた[4]。またボンゴフレンディを発売、カペラセダンを復活させた。

1994年コロンビア共和国国家功労大十字勲章受章[5]1996年マツダ会長、1997年取締役相談役、1998年退任。

2015年4月7日、心不全のため死去[6]。83歳没。

趣味は囲碁ゴルフ

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 池原照雄 (2015年4月13日). “マツダの和田淑弘元社長が死去”. レスポンス (イード). http://response.jp/article/2015/04/13/248916.html 2015年4月22日閲覧。 
  2. ^ “和田淑弘氏が死去 元マツダ社長”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年4月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13HA3_T10C15A4CZ8000/ 2015年4月22日閲覧。 
  3. ^ 1995/12/18, 日経産業新聞
  4. ^ 2003/8/29 , 中国新聞
  5. ^ 1994/3/19, 日経産業新聞
  6. ^ 訃報:和田淑弘さん83歳=元マツダ社長 毎日新聞 2015年4月13日