和泉耕二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和泉 耕二(いずみ こうじ、1947年 - )日本作曲家、大学教授。

宮城県石巻市出身。国立音楽大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。高田三郎廣瀬量平島岡譲らに師事する。尚美学園講師を経て、1997年より大阪音楽大学教授(後に副学長に就任)、ほかに京都市立芸術大学で教える。日本現代音楽協会日本作曲家協議会会員、オーケストラ・プロジェクト同人。作風は最初の戦後世代らしくはっきりした語法と主張が特徴的。

主要作品[編集]

  • マジン・クネーネの詩の基づく「ウェニシット・ジェスメーレ」 (1987)
  • 尺八と琴のための「コンポジション」 (1992)
  • 独奏ピアノのための「3つのアフリカ」 (1993)
  • 独奏尺八のための「狂竹」 (1994)
  • 尺八と弦楽四重奏のための「異糸の譜」 (1996)
  • 独奏チェロのための「音楽」 (1998)
  • 独奏コントラバスのための「パーカシブ・ムーブメント」 (2000)
  • 2つの独奏尺八と尺八群のための「手向抄」 (2000)
  • オーケストラのための「異糸の譜 III」 (2002)
  • 歌とピアノのための芭蕉の葉浮きによる「諷詠三趣」 (2003) JFC
  • ペルム幻想/2億5千万年の大地の夢 (2007)
  • 独奏セロのための〈みちのくあらまい〉(2009)
  • 色は匂へど−尺八 三絃 箏のための(2010)
  • 希望−ソプラノとピアノのための/東日本大震災からの復興を願って (2011)
  • 東日本大震災からの復興を願って「石巻・わがふる里」(2012)[1]
  • 深い悲しみの中で−ヴァイオリンと十三絃箏のための (2012)

脚注[編集]

  1. ^ 東日本大震災 復興支援について - 大阪音楽大学 2013年3月29日