味生村 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みぶむら
味生村
廃止日 1940年8月1日
廃止理由 編入合併
三津浜町和気村久枝村
堀江村潮見村味生村桑原村
→ 松山市
現在の自治体 松山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
温泉郡
味生村役場
所在地 愛媛県温泉郡味生村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

味生村(みぶむら)は愛媛県温泉郡にあった村である。松山市と三津浜町との間に介在し、西は伊予灘に臨む[1]

沿革[編集]

経済[編集]

農業

米、の産あり[1]。『大日本篤農家名鑑』によれば味生村の篤農家は、「五百木清五郎、五百木豊三郎、新田半蔵」などである[2]

出身・ゆかりのある人物[編集]

  • 五百木績(収入役) - 住所・味生村別府[3]
  • 岡田實太郎(政治家、高濱郵便局長)[4]
  • 新田長次郎(実業家) - ニッタの創業者。山西村出身。
  • 新田仲太郎(実業家) - 海運業。内外汽船社長。新田長次郎の甥。
  • 新田源一(実業家) - 新田商事代表取締役。新田仲太郎の弟。
  • 新田幸一(農業、政治家)[5]
1887年[5]。原籍・味生村大字山西[5]1930年2月、本村助役2ヶ年、1932年、村長拝命[5]。味生村大字山西区長[5]。神社寺総代[5]
  • 新田萬次郎(政治家)[6]
1869年[6]。新田幸八の三男[6]。村会議員、総代等に多年歴任し、当村の村長を2期間つとめた[6]。新田幸一は養子[6]
  • 宮崎正之(教育家)[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本地名大辞典 第6巻』5399頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月15日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』96頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月14日閲覧。
  3. ^ 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』温泉郡いの部2頁。
  4. ^ 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』温泉郡をの部72頁。
  5. ^ a b c d e f 『愛媛県紳士録』227頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』温泉郡にの部33頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月19日閲覧。
  7. ^ 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』温泉郡みの部282頁。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』海南新聞社、1923-1924年。
  • 愛媛新報株式会社編『愛媛県紳士録』愛媛新報、1934年。
  • 『日本地名大辞典 第6巻』日本書房、1939年。

関連項目[編集]