吉草酸メチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉草酸メチル[1]
識別情報
CAS登録番号 624-24-8 チェック
PubChem 12206
ChemSpider 11706 チェック
特性
化学式 C6H12O2
モル質量 116.16 g mol−1
外観 無色の液体[2]
匂い 果実臭[2]
嗅覚閾値 0.0022ppm[3]
密度 0.89 g/cm3
融点

<25 °C

沸点

126 °C, 399 K, 259 °F

への溶解度 微溶
溶解度 アルコールポリプロピレングリコール、油類に可溶
危険性
引火点 22℃[2]
関連する物質
関連する異性体 C6H12O2を参照
関連物質 吉草酸エチル
酪酸メチル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

吉草酸メチル(きっそうさんメチル、: Methyl pentanoateまたは: Methyl valerate)は吉草酸エステルの一種である。リンゴパイナップルのようなフルーツ香、グリーン香をもつ無色の液体である。

用途[編集]

フルーツ香料として、9.1~39ppmほどの濃度で使用される[2]

安全性[編集]

日本の消防法では危険物第4類・第2石油類(非水溶性)に分類される[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 印藤元一『合成香料 化学と商品知識』化学工業日報社、1996年、721-722頁。ISBN 4-87326-206-2