各個教会主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

各個教会主義(かっこきょうかいしゅぎ)は主にバプテスト派の教会のあり方。清教徒やアナバプテストに起源を持つとされている。

バプテスト教会は、信仰は個人主義で、宗教に関することは一人一人が決めることが原則である。故に、洗礼は、個人が自らの信仰を告白して、浸礼を受ける。

個人を重視する以上、個々の教会を重視する。牧師の選任も各教会にゆだねられている。個々の教会の結びつきも、教団組織ではなく、連盟や同盟などの緩やかな結びつきになる。

参考文献[編集]