司忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
司 忠
生誕1893年10月5日
愛知県渥美郡豊橋町八町(現・豊橋市八町通3丁目)
死没1986年5月1日(1986-05-01)(92歳)
職業実業家

司 忠(つかさ ただし、1893年10月5日 - 1986年5月1日)は、愛知県渥美郡豊橋町八町(現・豊橋市八町通3丁目)出身の実業家丸善社長。

経歴[編集]

1893年(明治26年)10月5日、愛知県渥美郡豊橋町八町(現・豊橋市八町通3丁目)にある安久美神戸神社(あくみかんべじんじゃ)の家に生まれた[1]。13歳の時に豊橋を飛び出し、1906年(明治39年)に書籍商の丸善株式会社に入社した。36歳だった1929年(昭和4年)には丸善名古屋支店長となり、46歳で東京本社支配人となった。戦後の1947年(昭和22年)、54歳の時に丸善社長となり、同時に東京商工会議所副会頭となった。丸善社長就任時にはワンマン独裁を宣言し、洋書部門の再建や著作権法改正に尽力した。国外に流出していた松方コレクションの返還交渉にも関与している。

1973年(昭和48年)には自身の80歳を記念して豊橋市に3千万円を寄付し、豊橋市は豊橋市図書館に司文庫を開設した。1979年(昭和54年)には豊橋市美術博物館に陶磁器コレクション943点を寄贈した。1985年(昭和60年)には国立西洋美術館評議員会副会長を務めた。晩年には豊橋市名誉市民と東京都名誉都民に推挙されている。1986年(昭和61年)5月1日に不帰の人となった。死後には遺族から豊橋市に1億円が寄付され、豊橋市は豊橋市司文庫基金を設立した。

受賞・受章[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『豊橋百科事典』、p.437

参考文献[編集]

  • 豊橋百科辞典編集委員会『豊橋百科事典』豊橋市、2006年
  • 豊橋市図書館100年のあゆみ編集委員会『豊橋市図書館100年のあゆみ』豊橋市図書館、2014年