古澤潔夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古澤 潔夫(ふるさわ いさお、1915年6月25日 - 2001年3月3日)は日本の植物学者である。小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)で働いた。

福岡県で生まれた。福岡県中学修猷館松山高等学校東京帝国大学理学部を卒業し、副手、助手を経て、1952年に東京大学助教授、1975年に教授となった。1942年に中国山西省を学術調査した。1969年から1970年、1974年から1975年にドイツに渡り、研究した。トウダイグサ属(ユールフォルピア属)を専門とした。

Hurus.は、植物の学名命名者を示す場合に古澤潔夫を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • 1976. Mannigfaltigkeit der Chromosomenzahl bei der Gattung Euphorbia . Beitrage zur Biologie der Pflanzen Beitr Biol Pflanz 1976, 52 (1/3) pp. 255-266
  • 1975. Die Botanischen Garten Japans. Gartn.-Bot. Brief 45: 1530-1532
  • 1973. Taxonomische Untersuchung der Gattung Cotoneaster (Rosaceen) auf karpologischer Grundlage. 47 pp.
  • Shibaoka, H; I Hurusawa. 1964. Effect of Manganese ions on the IAA-induced elongation of Avena coleoptile sections inhibited by some organic acids. Plant and Cell Physiology 5 ( 3): 273-280
  • 1954. Eine nochmalige Durchsicht des herkommlichen systems der Euphorbiaceen im weiteren Sinne. J Fac Sci Univ Tokyo Bot, 1954

参考文献[編集]

  • 川上幸男 「古澤潔夫教授」東京大学 理学部広報. 第7巻第11号, 1976, pp. 9-10(退官職員紹介)