古屋野橘衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古屋野橘衛
こやの きつえ
生年月日 (1878-01-01) 1878年1月1日
出生地 日本の旗 岡山県倉敷市
没年月日 (1957-04-10) 1957年4月10日(79歳没)
出身校 京都帝国大学法学部
親族 兄・槙尾信太郎豊洲村長
弟・古屋野宏平医学者長崎大学長)

在任期間 1923年 - 不明

Former Kurashiki Okayama chapter.jpg 3代 岡山県倉敷市長
在任期間 1937年7月27日 - 1947年4月5日

その他の職歴
岡山県議会議員
(不明 - 不明)
倉敷市議会議員
1928年 - 1937年
テンプレートを表示

古屋野 橘衛(こやの きつえ、1878年1月1日 - 1957年4月10日)は、岡山県都窪郡豊洲村(現・倉敷市)出身の地方政治家

来歴[編集]

1878年1月1日、都窪郡豊洲村[1]に槙尾利八の二男として生まれる。その後、古屋野家を継ぐ[1]同志社中学三高を経て[1]京都帝国大学法学部へ進学[1]する。

卒業後は貿易業へ就き[1]、その後アメリカへ渡る[1]。17年間滞在し、1922年に帰国[1]する。

1923年万寿村長となり[1]、その後、岡山県議会議員に3回当選[1]する。1927年倉敷市制実現のため、倉敷町・万寿村・大高村の3町村合併に尽力[1]した。

合併後の、1928年、倉敷市議会議員となり[1]、その後、市議会議長となる[1]

1937年から1947年まで、倉敷市長を務め[1]公職追放を受けた[2]

追放解除後の1957年4月10日死去。享年80。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『岡山人名辞典』175頁。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛郡市支協」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、289頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 吉岡三平 監修 『岡山人名辞典』 日本文教出版、1978年。