中村純雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 純雄(なかむら すみお、1916年1月6日[1] - 1992年7月24日[1])は、日本政治家岡山県児島市(現・倉敷市)長。

来歴[編集]

岡山県浅口郡船穂村(のち船穂町、現・倉敷市)の佐野家に生まれる[1]。幼少期に児島郡赤崎村(のち赤崎町、現・倉敷市)の中村家に入る[1]1933年、旧制天城中学校(現・岡山県立倉敷天城中学校・高等学校)卒[1]。卒業後は赤崎村役場に入り、書記となる[1]1941年に赤崎町は味野町に編入され、味野町収入役となる[1]1947年、味野町長となり、翌年、味野町は児島町などと合併し、児島市が発足する。これにより助役に就任する[1]1956年、児島市長選挙に立候補し、現職の中塚元太郎を破り、当選する[1]。市長を1期務め、1960年の市長選挙で元職の中塚に敗れた[1]1967年岡山県議会議員(自由民主党)となり、3期務める[1]。このほか児島市消防長、児島観光協会会長などを歴任した[1]。その後、紫綬褒章勲四等瑞宝章を受章、没後に従五位に叙せられた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『岡山歴史人物事典』、717頁。

参考文献[編集]