双葉病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 双葉病院
情報
正式名称 医療法人博文会双葉病院
英語名称 Futaba Hospital
標榜診療科 内科、精神科、神経科
許可病床数

350床


精神病床:350床
開設者 医療法人博文会
管理者 鈴木市郎(院長)
所在地
979-1305
福島県双葉郡大熊町大字熊字新町176番地の1
位置 北緯37度23分59秒 東経140度59分19秒 / 北緯37.39972度 東経140.98861度 / 37.39972; 140.98861 (双葉病院)座標: 北緯37度23分59秒 東経140度59分19秒 / 北緯37.39972度 東経140.98861度 / 37.39972; 140.98861 (双葉病院)
特記事項 福島第一原子力発電所事故の影響により閉鎖中
PJ 医療機関
テンプレートを表示

医療法人博文会双葉病院(いりょうほうじんはくぶんかいふたばびょういん)は、福島県双葉郡大熊町にある医療機関(精神科病院)。

当院周辺は東京電力福島第一原子力発電所から約4.5km[1]の位置にあり、福島第一原子力発電所事故による警戒区域内(2012年12月10日からは帰還困難区域)に位置しているため、閉鎖されている。

沿革[編集]

この節は執筆の途中です この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。

福島第一原子力発電所事故[編集]

東北地方太平洋沖地震及び福島第一原子力発電所事故に伴う避難行動の混乱により、多数の患者が死亡し、一時は医療関係者の責任放棄があったとの誤報が生じている。

東北地方太平洋沖地震発生当時、同院には認知症患者ら340人が入院。近隣の傍系の介護老人保健施設「ドーヴィル双葉」には98人が入所していた。同夜、福島第一原子力発電所の事態を知った病院スタッフらは、町に対し対応を要請。翌12日早朝には大熊町全町民の避難指示がなされる[2]。第1陣として、移送可能な患者209人と医師らがバス5台で避難した。患者・入所者227人と病院の院長、ドーヴィルの施設長・事務課長は次の救助隊の来援に向け、病院とドーヴィルに待機していたものの、この情報は共有されていなかった[2]。このためもあって、13日に救助は来なかった。14日朝6時半。ドーヴィルの全入所者98人と、双葉病院の患者のうち34人が自衛隊の車両でいわき市の高校へ向かうが、移動に14時間を要した。車内で3人が死亡し、搬送先の病院をあわせ計24人が死亡した。院長とドーヴィルの施設長・事務課長、避難先から戻った医師・看護助手らは、電力や水道が使えない中、残る95人の患者の看護に当たった。救援の自衛隊部隊は、原発の状況の切迫性を受け、一時退避等を行っており、行動に遅れが生じている[2]

14日夜、院長・病院スタッフらは警察から避難を命じられ、患者を残し警察車両により移動させられた[2]。病院に戻ろうとしたが、許可されなかった[3]。残留患者数を把握できていなかった自衛隊は、15日以降も、救援隊を複数回派遣し、患者の搬送を行った[2]。残る95人は、病状を把握していない自衛官らにより[3]15日午後までに避難完了したが、避難途中に7人が死亡し、最終的にはドーヴィル双葉の入所者を含め50人が死亡した[4]。この件に関し、県災害対策本部は、避難時に医療関係者が残留していなかった旨を広報し、一部の大手マスメディアは「院長が患者を置き去りにした」との報道を発する事態となった[5][6]。しかしながら、医療関係者は、避難の指揮を執っており、14日の移動も自衛隊との合流を目指したものであったことから、医療関係者が責任を放棄したという広報は、誤りであり、県災害対策本部は後に訂正を行っている[2]

診療科[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「原発近くの双葉病院が患者放置」は完全に誤報と院長が反論”. NEWSポストセブン (2011年7月19日). 2011年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 最終報告 P234-241
  3. ^ a b 福島・双葉病院「患者置き去り事件」の誤報にダンマリのマスコミ”. 月刊『集中』 (2011年3月30日). 2011年11月20日閲覧。
  4. ^ “双葉病院の患者置き去り”誤報はなぜ起きたのか”. メディカルトリビューン あなたの健康百科 (2011年11月2日). 2011年11月20日閲覧。
  5. ^ 双葉病院長「避難迫られた。責任ない」患者21人死亡”. 朝日新聞 (2011年3月19日). 2011年11月20日閲覧。
  6. ^ 福島・双葉病院にて患者を置き去りにして職員が逃げたという誤報”. 訂正information. 2011年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]