友知 (海防艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
友知
基本情報
建造所 日立造船桜島造船所
運用者  大日本帝国海軍
艦種 海防艦
級名 御蔵型海防艦
建造費 6,200,000円(予算成立時の価格)[注釈 1]
艦歴
計画 改マル5計画
起工 1945年3月5日
最後 終戦時工程25%で工事中止[注釈 2]
1947年10月23日解体終了
要目(計画時[注釈 3]
基準排水量 940トン
全長 78.77m
最大幅 9.10m
吃水 3.06m
主機 艦本式22号10型ディーゼル2基
推進 2軸
出力 4,200hp
速力 19.5ノット
燃料 重油 120トン
航続距離 16ノットで5,000カイリ
乗員 定員149名
兵装 45口径12cm高角砲 連装1基、単装1基
25mm機銃 3連装5基、単装1基
九四式爆雷投射機3基
爆雷120個
搭載艇 短艇3隻
レーダー 22号電探1基
ソナー 九三式水中聴音器1基
三式水中探信儀2基
テンプレートを表示

友知(ともしり)は、日本海軍の未成海防艦。法令上は御蔵型海防艦の19番艦[注釈 4]。友知は、日立造船桜島造船所が手がけた最後の海防艦となった[注釈 5]

艦歴[編集]

改マル5計画の海防艦、第5251号艦型の16番艦[注釈 6]、仮称艦名第5266号艦として計画されたが、日立造船に建造が割り当てられた本艦は、用兵側から要望のあった掃海具を装備した通称「日振型」として建造されることとなった。なお、改マル5計画により日立造船で建造された久米以下6隻はマル急計画艦とは異なり、全艦が掃海具を装備せずに九四式爆雷投射機と三型爆雷装填台を1基ずつ増備して竣工している。

1945年3月5日、日立造船株式会社桜島造船所で起工。同日付で友知と命名されて御蔵型海防艦の16番艦に定められ[注釈 4]、本籍を呉鎮守府と仮定。

終戦時未成。工程25%で工事中止[注釈 2]。1947年2月1日、行動不能艦艇(特)に定められる。1947年10月23日、日立造船桜島造船所で解体終了。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ これは第5251号艦型としての価格であり、掃海具装備艦としての価格ではない。
  2. ^ a b 進捗率は大阪警備府と近畿海軍監督部が昭和20年8月31日付で調製した各目録による。昭和22年2月1日付 二復総第49号、福井『写真 日本海軍全艦艇史』および世界の艦船『日本海軍護衛艦艇史』では20%としている。
  3. ^ 砲熕兵装と水雷兵装は通称「日振型」の、改マル5計画上の第1艦久米の竣工時の装備状況に従い記述する。
  4. ^ a b 艦艇類別等級別表上の通算番数。友知が艦艇類別等級に登載された1945年3月5日時点で淡路日振草垣の3隻が同表から削除済みのため、法令を厳密に捉えるなら16番艦だが、これら3隻を含めると通算で19番艦となる。
  5. ^ 日立造船で建造が予定されていた予定艦名七発、鹿久居など11隻は、起工前に建造中止となった。(『日立造船百年史』、p. 215。)
  6. ^ 改マル5計画上の番数。
脚注

参考文献[編集]

  • 海軍省復員庁
    • 法令、令達
      • 昭和18年10月30日付 内令第2241号。
      • 昭和19年7月10日付 内令第833号。
      • 昭和19年10月10日付 内令第1159号。
      • 昭和20年3月5日付 達第46号、内令第197号、内令第205号、内令員第454号。
    • 通牒、その他
      • 昭和20年8月31日付 大阪警備府『大阪警備府管下艦艇(未成艦ヲ含ム)目録』。
      • 昭和20年8月31日付 大阪警備府『大阪警備府管下艦艇船体兵器機関艤装品目録』。
      • 昭和20年8月31日付 近畿海軍監督部『大阪方面所在艤装艦艇船体兵器機関艤装品目録』。
      • 昭和22年2月1日付 二復総第49号『行動不能艦艇保管實施要領ノ件通牒』。
  • 世界の艦船 No. 507 増刊第45集 『日本海軍護衛艦艇史』、海人社、1996年。
  • 『日立造船百年史』 日立造船株式会社、1985年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 防衛研修所戦史室 『戦史叢書』 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』、朝雲新聞社、1975年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。