及川裕奨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 自転車競技
アジア競技大会
2006 ドーハ 1kmTT

及川 裕奨(おいかわ ゆうしょう、1981年7月29日 - )は日本競輪選手自転車競技選手である。岩手県奥州市(旧水沢市)出身。岩手県立水沢高等学校卒業。日本競輪学校第86期卒業。日本競輪選手会青森支部所属。師匠は父である及川章喜。身長176cm。血液型A型。

来歴[編集]

  • 父・章喜(39期・引退)の影響を受け中学生の頃から競輪選手を目指し、中学時代は陸上に専念する(平成7年岩手県通信陸上競技大会低学年男子4×100mリレー第1位、平成7年岩手県中総体陸上2年男子100m第3位)。
  • 高校は、自転車部の無い水沢高等学校に進学。登校前と下校後に父とのマンツーマン練習で技術を磨き、86回生として競輪学校に入学を果たす。
  • 2001年8月3日取手競輪場でデビュー(5・失)。
  • 2001年9月6日花月園競輪場で初勝利。
  • 2002年1月4日前橋競輪場でB級初優勝(1・1・1)。
  • 2003年2月10日前橋競輪場でA級初優勝(1・1・1)。
  • 2003年7月S級(2班)昇級。
  • 2007年9月9日和歌山競輪場で通算100勝達成。世界大会での活躍が認められ、2007年度日本自転車振興会優秀選手表彰式にて国際賞を受賞。

自転車トラック競技(1kmタイムトライアル)にも本格的に取り組んでいる。2007~2008日本自転車競技連盟トラック競技強化指定選手。

自転車競技での戦績[編集]

  • 2006年ドーハアジア大会・1kmタイムトライアル銀メダル(1分4秒775)
  • 2007年トラックワールドカップ・第3戦ロサンゼルス・1kmタイムトライアル銅メダル(1分4秒814)
  • ACCトラックアジアカップ2007・第2戦タイランド・1kmタイムトライアル1位(1分5秒817)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]