原田準平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 準平(はらだ じゅんぺい、1898年 - 1992年)は、日本の鉱物学者。理学博士

来歴[編集]

神奈川県生まれ。1924年、東京大学理学部卒業。1932年に北海道大学教授となり、1939年 東京大学 理学博士 「本邦産硼素鉱物の研究」。 1962年に定年退官。同年、新設の旭川工業高等専門学校校長となり、1970年に退職。北海道大学名誉教授および旭川工業高等専門学校名誉教授。日本鉱物学会初代会長。

1968年叙勲二等旭日重光章。1992年叙従三位

地質学出身の経歴を生かし、野外で採取した鉱物の物理学的・化学的性質と、その産出状態との関係を重視した。鉱物学と鉱床学の橋渡しを行った人物であり、北海道の鉱業にも貢献した。

1982年、岩手県と鹿児島県で発見された新鉱物原田石(haradaite)と命名された。

著書[編集]

  • 原田準平 『ジョーリー説による地殻の輪廻』 古今書院、1928。
  • 原田準平 『鉱物概論』 岩波書店〈岩波全書〉、1957。
  • 原田準平 『鉱物概論 第2版』 岩波書店〈岩波全書〉、1973、ISBN 4-00-021191-9

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 針谷宥 「原田準平とその鉱物学」『地質ニュース』468号、39-49頁、1993年8月。 PDF

外部リンク[編集]