原子林二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原子 林二郎(はらこ りんじろう、1912年3月10日 - 1980年6月25日)は、日本のジャーナリスト、ロシア語翻訳家、国際問題評論家。

人物[編集]

戦前は同盟通信社の記者の傍らロシア文学を翻訳、戦後は時事通信社の記者として主としてロシア問題を論じていたが、 1959年、社命によりボリス・パステルナークの『ドクトル・ジバゴ』を初めて日本語に翻訳した。

経歴[編集]

         外信部長、モスクワ特派員、時事研究所長などを歴任

著書[編集]

  • 東欧の十三年 社会主義過程の分析 平凡社 1957 (へいぼんぶっくす)
  • 共産党新綱領批判 坂内富雄共著 時事通信社 1961 (時事新書)

翻訳[編集]