南城一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南城 一夫(なんじょう かずお、1900年 - 1986年2月25日[1])は、日本の画家。西洋的な香りのする作風で、中流階級にも親しまれた。群馬県前橋市出身。

主な作品に「鯛の静物」などがある

経歴[編集]

  • 旧制前橋中学を卒業後、岡田三郎助主宰の本郷絵画研究所入所
  • 1920年 東京美術学校(現・東京芸術大学)西洋画科入学
  • 1924年 フランス留学(1937年まで)。
  • 1939年 春陽会に出品
  • 1940年 春陽会会友となる
  • 1966年 銀座・兜屋画廊で個展開催
  • 1977年 銀座・松坂屋で回顧展開催
  • 1981年 群馬県立近代美術館で「南城一夫展」開催

脚注[編集]

  1. ^ 『20世紀物故洋画家事典』(美術年鑑社、1997年)p.225