千眼智見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千眼 智見
生誕 千眼 智見(せんがん ちけん)
(1907-07-09) 1907年7月9日
日本の旗 徳島県美馬市
居住 日本の旗 日本
研究分野 中国哲学
研究機関 徳島県農業大学校
徳島女子大学
高野山大学
出身校 九州帝国大学法学部卒業
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

千眼 智見(せんがん ちけん、1907年明治40年)7月9日 - 没年不明)は、日本哲学者。元徳島県農業大学校校長。元高野山大学教授。元徳島女子大学教授。九州帝国大学法学部卒業。徳島県美馬市出身。

経歴[編集]

美馬郡脇町(現在の美馬市)生まれ。九州帝国大学法学部卒業。

高野山大学教授・徳島女子大学教授・高野山高等学校校長・徳島県立池田中学校校長・徳島県立穴吹高等学校校長・徳島県立脇町高等学校校長・徳島県立城北高等学校校長を歴任。

1969年昭和44年)より徳島県農業大学校校長に就任。徳島文理小学校名誉校長に就任。

参考文献[編集]

  • 『高野山大学百年史』高野山大学、1986年。
  • 『徳島人物事典 1969』四国ニュース、1969年。