千代田市構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千代田市構想(ちよだしこうそう)とは、東京都千代田区特別区からに移行する構想。

概要[編集]

東京都の内部機関たる特別区千代田区は、東京都と対等な立場であるべきだという論理[1]は、普通市・中核市政令指定都市などに分類されるが、当初は最低限の権限保有を目指すものである。しかし、東京23区特有の税収システムなどから他の22区が猛反発しており、構想倒れになりつつある。また、2014年では推計人口が市制要件の5万人を超えてはいるものの、オフィス街が多い千代田区では夜間人口が非常に少ない。

2019年石川雅己千代田区長は23区の首長としてはまだまだ不満が多い、として未だ特別区制度に疑義を呈している[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]