十文字ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十文字ラーメン(じゅうもんじラーメン)とは、秋田県横手市十文字地域を中心とする地域で食されるラーメンご当地ラーメン)。

概要[編集]

あっさりとした醤油味で煮干鰹節などを出汁に使用した和風のスープとかんすいを全く用いず独特の食感をもつ細い縮れが特徴である。また、具材に関してはチャーシューねぎメンマのほかに店にもよるが蒲鉾が入るのも特徴である。

現在、当地では横手焼きそばと並ぶ食の観光資源となっており、首都圏の物産展などで出店してくる場合には、同一の店舗が十文字ラーメンと横手焼きそばを扱う事もある。ちなみに、横手市十文字町字海道下の国道13号沿いにある「道の駅十文字」のフードコートでは、横手焼きそば、十文字ラーメンの両方を供食している。

昔は、ナルトがのっていた。

正確には「十文字中華そば」という。

歴史[編集]

1935年昭和10年)ころ、マルタマ(まるたま食堂)が創業したのが始まりとされる。あっさりとしており、かつて重労働の多かった時代におやつ代わりに食されることも多かったという。

主な店舗[編集]

  • マルタマ
  • 三角そばや
  • 丸竹

関連項目[編集]

外部リンク[編集]