十七条城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
十七条城
岐阜県
別名 特になし
城郭構造 平山城
築城主 舟木頼胤
築城年 南北朝時代
主な改修者 林正長
主な城主 舟木氏、二階堂氏、仙石氏、林氏
廃城年 1675年
遺構 土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度24分6.48秒
東経136度39分33.2秒

十七条城(じゅうしちじょうじょう)は岐阜県瑞穂市にかつて存在した日本の城(平山城)。西浦の城山と呼ばれる低い丘にあった。

概要[編集]

『新撰美濃志』によれば、南北朝時代初頭に土岐頼貞の子・舟木頼胤土岐頼員の弟・船木頼重と同一人物とも言われる)によって築城された。その後、二階堂氏や仙石秀豊和田利詮が居城とした時期を経て、享禄年間には林正長が城を改築している。正長の子・林玄蕃1562年永禄5年)に織田信長斎藤龍興の間で起きた軽海の戦いで戦死したため、弟の林正三が後を継ぎ、1578年天正6年)に逝去するまで城主を務めた。正三の子は稲葉重通の養子になって稲葉正成と名乗り、十七条城で十七条藩・一万石を治めた。その子・稲葉正定尾張藩へ仕え、やはり十七条村で一千石を治めたが、孫に嗣子がなく1675年延宝3年)に家が断絶、城は廃城となった。

所在地[編集]

岐阜県瑞穂市十七条256

アクセス[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館
  • 船木城古事記 高橋 正昭 (著)