北見ハッカ記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 北見ハッカ記念館
Kitami Mint Memorial Museum
Kitami mint memorial museum001.jpg
記念館外観(2015年8月)
施設情報
前身 ホクレン北見薄荷工場研究所
事業主体 北見市
管理運営 北見観光協会(指定管理者
開館 1986年
所在地 090-0812
日本の旗 日本 北海道北見市南仲町1丁目7番28号
位置 北緯43度47分59秒 東経143度53分38秒 / 北緯43.79972度 東経143.89389度 / 43.79972; 143.89389
アクセス 北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線北見駅から徒歩10分
公式サイト 北見ハッカ記念館
プロジェクト:GLAM
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 薄荷蒸溜館
Mint Distillation Hall
Kitami mint distillation hall.jpg
薄荷蒸溜館外観(2012年10月)
施設情報
事業主体 北見市
管理運営 北見観光協会(指定管理者)
開館 2002年
位置 北緯43度48分00秒 東経143度53分37秒 / 北緯43.80000度 東経143.89361度 / 43.80000; 143.89361
プロジェクト:GLAM

北見ハッカ記念館(きたみハッカきねんかん)は、北海道北見市にある資料館。この項目では隣接する薄荷蒸溜館(はっかじょうりゅうかん)についても記載している。

概要[編集]

1935年(昭和10年)、保証責任北海道信用購買販賣組合聯合會(北聯、現在のホクレン農業協同組合連合会)北見薄荷工場の研究所として建てられた施設が、1983年(昭和58年)の工場閉鎖後にホクレンから備品も含め北見市に寄贈され、1986年(昭和61年)に「北見ハッカ記念館」として開館。なお、記念館設置に伴い工場閉鎖時の建物を東1号道路沿いから奥に移動している[1]

往年には出荷額で世界の70%を占めるまでに成長し、地域の発展の礎となった「北見のハッカ」に関する施設として1996年(平成8年)に「北見指定文化財」となり、2007年(平成19年)には経済産業省近代化産業遺産「北海道における近代農業、食品加工業などの発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」に認定された[2]

薄荷蒸溜館は、ハッカ農家による一連の工程を理解することを目的に、当時のハッカ小屋(木造)をイメージして2002年(平成14年)から公開を始めた。

施設のまわりはハーブガーデンとなっており[3]2001年(平成13年)には「北見のハッカとハーブ」が環境省による「かおり風景100選」に選定されている[4]

施設[編集]

北見ハッカ記念館
  • 1階
    • 展示室「人とハッカ」
    • 展示室「製品のできるまで」
  • 2階
    • 展示室「ホクレン北見薄荷工場」
    • 展示室「ハッカとそのなかまたち」
    • 資料室
薄荷蒸溜館
  • 蒸留器
    • 天水釜式蒸溜器(明治から大正時代にかけて使用)
    • 箱蒸籠型蒸溜器(大正から昭和初期にかけて使用)
    • 田中式薄荷蒸溜器(昭和5年から昭和50年頃まで使用)※近代化産業遺産[2]
    • ホクレンA式蒸溜器(鉄釜で昭和40年から昭和50年頃まで使用)
  • 資料閲覧コーナー
  • 売店

周辺[編集]

かつての北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の線路沿いに位置している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北見市の歴史遺産 (PDF)”. 北見市観光テキスト. 北見市観光協会連絡協議会・北見観光協会. 2015年6月19日閲覧。
  2. ^ a b 近代化産業遺産群33 (PDF)”. 経済産業省. pp. 29-32. 2015年6月18日閲覧。
  3. ^ 北見ハッカ記念館”. eco旅ナビ. 北海道. 2015年6月18日閲覧。
  4. ^ 北見のハッカとハーブ”. 国立環境研究所. 2015年4月13日閲覧。
  5. ^ 北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2008年). 2015年6月18日閲覧。
  6. ^ JAきたみらい”. 2015年6月17日閲覧。
  7. ^ 北見市勤労青少年ホーム”. 2015年6月17日閲覧。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]