北畠師親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北畠師親
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 仁治2年(1241年
死没 正和4年10月6日1315年11月3日
別名 覚円(法名)
官位 正二位権大納言
主君 四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇
氏族 村上源氏中院流北畠家
父母 父:北畠雅家
兄弟 師親師行
師重親子後醍醐天皇室)
テンプレートを表示

北畠 師親(きたばたけ もろちか)は、鎌倉時代中期から後期の公卿正二位権大納言北畠雅家の子。北畠師重の父、北畠親房護良親王の祖父にあたる。

生涯[編集]

仁治2年(1241年)、北畠雅家の子として生まれた[1]

正応2年(1289年)9月、亀山上皇が出家し法皇になると、師親も仏門に入った[1]

正和4年(1315年10月6日、死去[1]。享年75[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「北畠師親」『日本人名大辞典+Plus』

関連項目[編集]