北畠師重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北畠師重
時代 鎌倉時代後期
生誕 文永7年(1270年
死没 元亨2年1月13日1322年1月30日
改名 経覚(法名
別名 土御門、万里小路
戒名 (伝)法隆院円超経覚
墓所 (伝)和歌山県和歌山市西汀丁、長覚寺[1]
官位 正二位権大納言
主君 亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
後伏見天皇後二条天皇
氏族 村上源氏中院流北畠家
父母 父:北畠師親、母:宗顕法印女
兄弟 師重、雅世、親子
五辻忠継女、藤原隆重女
親房実助冷泉持房、通房、親家 他
テンプレートを表示

北畠 師重(きたばたけ もろしげ)は、鎌倉時代後期の公卿権大納言北畠師親の子で、母は法勝寺執行宗顕法印の女である。北畠親房の父。北畠家は代々大覚寺統への忠誠に篤く、師重も後宇多院の側近として仕えた。

経歴[編集]

文永8年(1271年)1月正親町院の当年御給により、2歳で叙爵される。以後、石見守左近衛中将を経て、正応4年(1291年)3月後宇多上皇の当年御給により、従三位に叙されて公卿となった。同5年(1292年)12月右衛門督、同6年(1293年)1月正三位に叙任され、永仁2年(1294年)12月参議、同3年(1295年)12月権中納言へと累進する。同4年(1296年)には左衛門督検非違使別当を兼任したが、間もなくこれらを辞し、同6年(1298年)1月従二位、同7年(1299年)1月正二位に昇叙される。乾元元年(1302年)11月中納言へ転正し、嘉元元年(1303年)8月権大納言に任じられた。

嘉元3年(1305年)9月亀山法皇崩御に際しては素服を賜ったが、除服後の12月には権大納言を辞して、長男親房権左中弁に申任し、直後に本座を聴許される。徳治2年(1307年)7月後宇多上皇の落飾に殉じて出家し、法名経覚(一説に深覚)という。以来、遁世隠居の身で過ごすこと15年、元亨2年(1322年1月13日薨去した。享年53。

歌人としては、『新後撰和歌集』の2首、『玉葉和歌集』の1首、『続千載和歌集』の4首、計7首入集する。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『和歌山県史蹟名勝天然記念物調査会報告 第3輯』 和歌山県、1924年。

参考文献[編集]

  • 中村直勝 『北畠親房』 星野書店、1932年、NCID BN08314041
  • 久保田収 『北畠父子と足利兄弟』 皇學館大学出版部、1977年、NCID BN04866771
  • 川島孝一 「北畠師重」(安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』 新人物往来社、1990年、ISBN 9784404017574