北海道道1176号新函館北斗停車場七飯線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般道道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
北海道道1176号標識
北海道道1176号新函館北斗停車場七飯線
地図
総延長 2.800 km
実延長 2.778 km
制定年 2009年(平成21年)
起点 北海道北斗市市渡
終点 北海道亀田郡七飯町字峠下
接続する
主な道路
記法
国道5号標識 国道5号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

北海道道1176号新函館北斗停車場七飯線(ほっかいどうどう1176ごう しんはこだてほくとていしゃじょうななえせん)は、北海道北斗市から亀田郡七飯町を結ぶ一般道道北海道道)である。

概要[編集]

新函館北斗駅北口へのアクセス道路となっている。

路線データ[編集]

道路管理者[編集]

歴史[編集]

工事等に伴う年表[編集]

参考資料

北斗市

  • 2012年(平成24年) - 2015年(平成27年):道路改良工事(市渡 - 七飯町字峠下(終点))
    • これまで市道・町道の基準となっていた全路線において、路盤及び舗装改良・拡幅・歩道新設・線形改良(急カーブの解消と緩和曲線化)・その他安全施設工事(固定式視線誘導柱の設置等)がこの工事によって行われた
  • 2015年(平成27年) - 2016年(平成28年):道路改良工事(市渡)

亀田郡七飯町

  • 2011年(平成23年) - 2014年(平成26年):久根別川1号橋架換及び取付道路工事(字仁山 - 峠下)
  • 2012年(平成24年) - 2013年(平成25年):仁山川2号橋架換工事(字仁山)

路線状況[編集]

起点の新函館北斗駅北口は、乗用車及びタクシーの乗降場とタクシーの待機施設を有するロータリー部分となっている。それ以外の全路線周囲においてはほぼ田畑が占めている。

起点ロータリー出口から終点に向かって最初に至る信号交差点で左折して、終点の国道5号交点に至る。なお、起点側から同交差点を右折した先(北斗市道市渡第33号線[1])には北海道新幹線函館本線アンダーパスがある。アンダーパス通過後の信号交差点を右折すると新函館北斗駅南口及び北海道道262号新函館北斗停車場線に至り、同北海道道の実質的な間接接続となっている。

終点の国道5号交点付近には「道の駅なないろ・ななえ」があり、函館側からの国道5号通行車両は交通安全面から同交点部分を右折して道の駅に入るよう、案内標識が整備されている。

北海道道に昇格する以前より、上記の地理的状況から現在も農業用車両の往来が多いため、路線の随所に「農業用車両あり 走行注意」の注意喚起標識が設けられている。

道路施設[編集]

主な橋梁[編集]

  • 久根別川1号橋(41 m、久根別川、七飯町字峠下)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 渡島総合振興局
    • 北斗市
    • 亀田郡七飯町

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 渡島総合振興局・函館建設管理部事業課所有の北海道道1176号新函館北斗停車場七飯線道路台帳より。2018年11月15日閲覧。
  2. ^ 2009年北海道告示第11034号

関連項目[編集]