北条氏 (塩田流)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩田流北条氏(しおたりゅうほうじょうし)は、鎌倉時代北条氏の一門。北条重時を祖とする極楽寺流の一支流で、重時の五男・北条義政を祖とする。義政が信濃国塩田荘(現長野県上田市)を領した事から塩田を称した。

概要[編集]

祖の義政は鎌倉幕府連署として8代執権北条時宗を支える要職にありながら、36歳で突然出家を遂げ、信濃国善光寺に遁世して所領を没収された。子の国時と、時治の子俊時引付頭人となり、国時の子藤時評定衆在職もあるが、寄合衆、両執権になる事はなかった。極楽寺流での家格は嫡家の赤橋家の下である。兄弟での序列は異母兄の業時より、義政が上位に位置づけられていたが、義政の遁世以降、業時の普恩寺家が嫡家に次ぐ家格となっている。

義政が居住した信濃国塩田荘は、「信州の鎌倉」と呼ばれる中世文化が開かれた。

鎌倉陥落の際には宗家に殉じ、国時とその子息藤時・俊時が一門と共に自害している。

一族[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
義政 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時治(時春)
 
国時 2
 
胤時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重貞
 
俊時 3
 
藤時
 
 
 
 
 

参考文献[編集]

  • 細川重男 『鎌倉政権得宗専制論』 吉川弘文館、2000年。

関連項目[編集]