北投石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北投石

北投石(ほくとうせき、英語: hokutolite)は北投温泉で発見された鉱物で、学術的には独立種とはいえず「含鉛重晶石」と呼ばれ重晶石の亜種として扱われる。世界でも台湾台北州七星郡北投街(現在の台北市北投区)の北投温泉日本秋田県玉川温泉からしか産出しない。

明治38年(1905年)に地質学者岡本要八郎瀧乃湯で入浴した帰りに付近の川で発見された。その後、この鉱物がラジウム等を含み放射性を持つ北投温泉独特の鉱物(後に玉川温泉で産出する物も同じ物であると認定された)であるとされた。大正2年(1913年)に東京帝大の鉱物学者神保小虎によって命名され、昭和8年(1933年)に台湾総督府によって天然記念物に指定された。

台湾中華民国)でも、2000年に北投石は「自然文化景觀」に指定されている。

北投石の組成は (Ba,Pb)SO4 で、およそBa:Pb=4:1の割合で含まれる。放射性のラジウムを大量に含む温泉沈殿物重晶石(硫酸バリウム)である。

現在、北投石の代替鉱石として、オーストリアバート・ガスタイン鉱石が注目されている。[要出典]

玉川温泉の北投石[編集]

玉川温泉の北投石」は、大正11年(1922年)に天然記念物に指定され、昭和27年(1952年)には特別天然記念物に指定されている。現在は採取が禁止されているが、「健康によい」さらには「末期をも治す効果がある」などとしばしばマスメディア等で取り上げられることから盗掘は後を絶たず、2004年には摘発された事例もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]