北投温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北投温泉
Beitou Hell Valley 13.jpg
地熱谷
各種表記
繁体字 北投溫泉
簡体字 北投温泉
拼音 Běitóu Wēnquán
注音符号 ㄅㄟˇ ㄊㄡˊ ㄨㄣ ㄑㄩㄢˊ
発音: ベイトウ ウェンチュエン
台湾語白話字 Pak-tâu Un-choâⁿ
テンプレートを表示

北投温泉(ベイトウ ウェンチュエン、漢音読み:ほくとうおんせん)は、台北市北投区にある著名な温泉街で、新北投温泉ともいう。

泉質[編集]

北投温泉は、天然のラジウム泉として知られる。また硫黄の成分も多く、町には硫黄の臭気が漂う。源泉のpHは1.4-1.6の強酸性である[1]

歴史[編集]

普済寺

北投温泉は、明治16年(1894年)にドイツ硫黄商人オウリー(Ouely)が発見したといわれている。1896年、大阪商人平田源吾が北投で最初の温泉旅館「天狗庵」を開業した[2]。 その後、日露戦争の際に日本軍傷病兵の療養所が作られ、それ以降、台湾有数の湯治場として知られるようになった。

1905年、日本人学者岡本要八郎によって北投石が発見される。北投石は、微量のラジウムを含んだ湯の花が、何千年もの歳月をかけて石灰化したもので、世界ではここと秋田県の玉川温泉でしか産出されない。当地にある共同浴場瀧乃湯の前で発見された。

また同年、「湯守観音」を祀る「鉄真院」(現普済寺)が創建される[2]

1913年、北投温泉公共浴場(現北投温泉博物館)が落成し、北投公園も完成する[2]

戦前は、モダンな建物が立ち並ぶハイカラな温泉街として知られ、1923年には昭和天皇(当時は皇太子)も訪問した。

戦後、台湾が中華民国に帰属した後、中華民国政府は北投温泉を歓楽街として位置づけ、置屋の営業を認めた(公娼制度[1]。この為、国の内外から売春目的で北投温泉を訪れる観光客が集まった。

しかし、公娼制度は1979年に廃止され[1]、また、当時台北市長だった陳水扁(前任の中華民国総統)の健全化政策により、北投温泉から置屋は消滅し、親子で楽しめるような観光地が復活した。

2010年、日本旅館「加賀屋」が「北投加賀屋」を開業した。

温泉街[編集]

新北投駅前から地熱谷にかけて、日本統治の面影が残る古い風情の温泉街が広がる。旅館ホテルなどが数多く存在するのが特徴。 台北市中心部から気軽に行ける為、週末には多くの観光客が訪れる。

  • 地熱谷
    • 地熱谷(日本統治時代は地獄谷と呼称)は、高温の源泉があちこちから沸く池である。かつては地熱谷でゆでられた温泉卵が有名だったが、卵をゆでる際に池に転落する事故が絶えないため、今では全面的に禁止されている。
  • 瀧乃湯
  • 星乃湯
  • 北投公園
  • 北投温泉博物館
  • 北投文物館
  • 普済寺
  • 不動明王寺
地熱谷(地獄谷) 
北投温泉博物館 
瀧乃湯 
北投公園 
北投日勝生加賀屋 

アクセス[編集]

台北捷運新北投支線 新北投駅R22A)下車、またはバス

陽明山方面へ行くロープウェイの建設計画がある。

舞台となった作品[編集]

映画
ドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大塚吉則「台湾の温泉事情と温泉研究」、『日本温泉気候物理医学会雑誌』第72巻第2号、日本温泉気候物理医学会、2008-2009年、 105-106頁、 doi:10.11390/onki.72.105
  2. ^ a b c 李永萍「北投の歴史的出来事」『北投温泉博物館パンフレット』日本語版、台北市政府文化局

外部リンク[編集]