放射線ホルミシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホルミシス効果から転送)
移動: 案内検索

放射線ホルミシスRadiation hormesis)とは、大きな量(高線量)では有害な電離放射線が小さな量(低線量)では生物活性を刺激したり、あるいは以後の高線量照射に対しての抵抗性をもたらす適応応答を起こすことである[1]。電離放射線による被曝が慢性・急性のどちらの場合でも確認されている[2]

ホルミシスとは、何らかの有害性を持つ要因について、有害となる量に達しない量を用いることで有益な刺激がもたらされることであり、その要因は物理的、化学的、生物学的なもののいずれかである[3]。例えば紫外線は浴び過ぎれば皮膚がんの原因となり、また殺菌灯は紫外線の殺傷力によっているが、少量の紫外線は活性ビタミンDを体内で作るために必要であり、 この活性ビタミンDは血清中のカルシウム濃度を調整するものであって、もし不足すればクル病の原因となる[4][5]。ホルミシスの語源はホルモンと同様にギリシア語のホルマオ (興奮するという意味)である[6]

ホルミシスという言葉が最初に用いられたのは菌類の成長を抑制する物質が低濃度では菌類の成長を刺激することを表現するものとしてであり、「少量の毒は刺激作用がある」とするアルント・シュルツの法則(Arndt-Schulz rule)の言い直しである[3]。1978年[7]ミズーリ大学トーマス・D・ラッキーは「電離放射線によるホルミシス[8]」において低線量の放射線照射は生物の成長・発育の促進、繁殖力の増進及び寿命の延長という効果をもたらしうるとして注目された。また翌1979年春に東京で開催された国際放射線研究会議において中国では「自然放射線の非常に高い地区に住んでいる住民の肺癌の発生率が低い」ことが発表されると、スリーマイル島原子力発電所事故調査委員長のFabricant博士が興味を示し、国際調査団Citizen Ambassadorを中国に派遣して以降、放射線ホルミシス研究が盛んになった[9]

概要[編集]

放射線ホルミシス効果とは、1980年にミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー生化学教授が、自らは実験や研究を行っていないが、20世紀初頭から知られていた一時的な低線量の放射線による生物の各種刺激効果を、改めて他の多くの研究者の研究原著論文をCRC Pressから出版された本[10]の中で紹介、整理することによって使用した言葉であり、アメリカ保健物理学会誌1982年12月号に掲載された総説によって提唱された学説である[11]。この仮説では、一時的な低線量の放射線照射は、体のさまざまな活動を活性化するとされる[11]。ラッキーは小論文『原爆の健康効用』を発表し、原爆は健康を促進した面があるとしている[12]

国際放射線防護委員会(ICRP)は、1983年より放射線ホルミシスの検討を開始しており、ICRP1990年勧告では、「今日、ホルミシスと呼ばれるこのような影響に関するほとんどの実験データは、主として低線量における統計解析が困難なため、結論が出ていない」「現在入手しうるホルミシスに関するデータは、放射線防護において考慮に加えるに十分でない」と述べている[13]

核戦争防止国際医師会議のオーストラリア支部メンバーで、核兵器廃絶国際キャンペーン(en)のSue Warehamによると、原子力産業では放射線の危険性を控えめに扱い、ホルミシス概念の普及を続けているとしている[14]

ロシア科学アカデミーアレクセイ・ヤブロコフらによると、ホルミシスの提唱者達は、放射線関連の疾病の増加が隠すことのできない事として明らかとなってきてからは、その放射線由来の疾病は全国的な恐怖の結果であるとの言い逃れを試みるようになり、同時に線形非閾値モデル(LNTモデル)に基づく放射能の影響を否定するキャンペーンが始まり、チェルノブイリ原子力発電所事故以後、ある科学者達は人以外の系における低線量効果に基づいてチェルノブイリのような線量は人間や全ての生物にとってためになるとの主張を始めて、LNTモデルなど現代の放射線生物学のいくつかの概念の改訂を試みる活動が続けられているとしている[15]

米国科学アカデミー「電離放射線の生物学的影響に関する委員会(BEIR)」によるBEIR VII報告(2005年)は、生物学的基礎研究(動物実験や細胞レベルの実験)と人間集団の疫学データをあわせて考慮した上で、低線量域でも放射線の被曝線量と影響の間には、しきい値がなく直線的な関係が成り立つとするLNT仮説は科学的に正しいと結論し、「LNTモデルは低線量放射線の健康影響を過大に考えているという見解も委員会は入手している。リスクはLNTから推計できるものより小さいか存在しないかであり、あるいはむしろ低線量被曝は人体によい影響をもたらすこともある、という考えである。我々はこうした仮説も受け入れることはできない。たとえ低線量であっても何らかのリスクがあるらしいことを示す情報の方が優勢なのである。」と述べている[16][17]

近年では、日本の電力中央研究所放射線医学総合研究所東京大学京都大学東北大学大阪大学広島大学長崎大学などの各大学[18][19]マサチューセッツ大学のエドワード・キャラブレスらが継承して研究している[20]

電離放射線の性質を利用する放射線療法においては、放射線ホルミシスの範囲を逸脱する100から150ミリシーベルトという線量での放射線照射を数回全身あるいは半身に対して行うことで生体の免疫機能を高め、癌治療のための局所照射の効果を増強し、治癒率を高めたとする研究がある。局所腫瘍が発見された時点に、すでに他所に転移している可能性の大きい悪性リンパ腫を対象としたもので、他の治療法が試行されていない患者に承諾を得て30余例の治療が行われた[21][22][23]

児玉龍彦は放射線ホルミシスについて、(放射線などを当てると)p38というMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)とか、NF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー)というシグナル系の分子が動く。これは短期的には様々な効果をもたらし、それを健康にいいとか悪いとかいう議論は様々ある。しかし、こういう状態を長期的に続けると、慢性炎症と呼ぶ状態になり、慢性炎症は例えばガンの前提の条件になったり、様々な病気の原因になるということがよく知られていると述べている[24]

野口邦和(放射線防護学)は、放射線ホルミシスが原子力発電所の立地にともなう住民説得の道具として使われていることを指摘し、「ホルミシス現象が報告されているとおり本当に起こるのか、起こるとした場合、どういうメカニズムで起こるのか、起こるときの線量の範囲はどのくらいか」などを研究することは、放射線生物学的に意味のある重要なことであるが、現在までのところ、放射線ホルミシスは十分に証明され確立された現象ではなく、「放射線にまったく被曝しなかった人よりもちょっと被曝した方が発癌率が低かったり、かえって長生きする」などと主張することは明らかな誤りであり、「無用な放射線被曝はできるだけ避ける」「避けることのできない放射線被曝は、被曝線量をできるだけ低くする」ことが依然として放射線防護の大原則であるとしている[25]

放射線被曝と発ガン抑制のしくみ[編集]

Radiation hormesis and cancer ja.png

放射線による発ガンの機構は十分に解明されているとはいえないが、現時点では「DNA 損傷→染色体異常→突然変異→細胞ガン化」と進む経路(発ガンの突然変異説)が受入れられている[26]。原爆被爆者の調査から一気に被曝した場合100ミリシーベルトで発ガンのリスクが1%高まることがわかっている[27]。電離放射線によるDNA分子の電離が直接にDNAの化学結合を切断するような作用が「直接作用」である[28]。一方「間接作用」とは、電離放射線によって水から反応性の高い・OH(ヒドロキシラジカル)などの活性種(水和ラジカル、Hラジカル、過酸化水素)が生成され、これらがDNAと化学反応することで損傷を引き起こすことである[28]。X線照射の場合、生物学的損傷の約1/3は直接作用、約2/3は間接作用の結果と考えられている[28]活性酸素は日常において運動・呼吸・食事からでも1日に細胞1個あたり約10億個発生している[29]。放射線を被曝するとヒドロキシラジカルを消去するグルタチオン(GSH)とスーパーオキシドを消去するスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)が増加することで活性酸素処理能力(抗酸化機能)が高まることは細胞レベルの動物実験で証明されている[30][22]

DNA損傷の数は普段でも細胞1個当たり1日数万から数十万個であり、運動、食べ過ぎ、飲みすぎ、紫外線、タバコ、ストレス、炎症などがあれば活性酸素が増加し、DNA 損傷はさらに増える[31]。放射線を100ミリシーベルト被曝した場合のDNA損傷の数はおよそ200個であり、被曝線量が100ミリシーベルト以下の場合のDNA損傷は自然の変動幅に埋没してしまう程度であるが、放射線だけで生体の防御能力を超えなくてもタバコ+ストレス+放射線というように発ガンの原因が重複して生体の防御能力を越えることもある[32]。一方で放射線によりDNA修復活動が活性化されることが放射線ホルミシス研究委員会によって確認されている[33]

DNA 損傷が多いために修復できないとか、修復にミスが起きて異常な遺伝子が残こることで突然変異を持つようになった細胞は自爆させられるが(アポトーシス)、これはp53というガン抑制遺伝子が働くものであり、この遺伝子は低線量放射線によって活性化することが証明されている[34][32]。人間には2万5千の遺伝子があるが、一定の数のDNA修復に関係する遺伝子、DNAの保護に関わる遺伝子があり、普通はこれがやられないと低線量の傷害はだいたい問題なく修復される。しかし、p53のような、DNAを守っていたり、そういうところに関わる遺伝子が壊れるとガンになるということがわかっている。2万5千の遺伝子の中でどこがやられるかということは、極めて確率論的である[35]。放射線は腫瘍抑制遺伝子の不活性化因子として有効に働き、発ガンの後期で進行因子の役割を果たすとする説がある[36]

それでも遺伝子異常をもったまま自爆できない細胞が残って突然変異が蓄積されると発ガンのリスクが増える[32]。突然変異からガン細胞が生まれるためには突然変異が10 数個蓄積されることが必要であるが[32]、突然変異ではない経路で発生するガン細胞もある[37]。ガン細胞は通常でも毎日数千個発生するが免疫細胞は体内を巡り、ガン細胞を見つけては処分しているため(免疫学的監視機構)ガンの発症がない[38]。このように働くキラーT細胞などの免疫系細胞が低線量放射線で活性化されることは多くの実験・調査で確かめられている[37][22]。マウスに低線量率放射線照射(0.95 mGy/h)を試みたところ、Tリンパ球の増殖応答に一時的な亢進が見られたものの、持続的な亢進やNK細胞の傷害活性の亢進は認められなかったとする報告がある[39]

LNT仮説とホルミシス仮説[編集]

従来、放射線の生物への影響に関する研究は、“放射線はすべて、どんな低い線量でも生物に対して障害作用をもつ”との考えに沿って行われてきた。これは、どのような量でも生物学的に有害でプラスの効果がなく、有害な効果が量と共に増大するとするしきい値なしの直線モデル(LNT仮説)によるものである[1]

ホルミシス理論では、少量で極大のプラス効果を持つ刺激が生じ、さらに用量を上げていくと、効果がないゼロ相当点(ZEP:zero equivalent point)に達し、これが“しきい値”とされ、その値を超える場合に有害なマイナス効果が増大する、とされる[1]

電力中央研究所による放射線ホルミシス効果検証プロジェクト[編集]

電力中央研究所服部禎男は1984年、アメリカ合衆国の生化学者トーマス・ラッキーの唱えた放射線ホルミシス論を知り[40]、その当否を米国電力研究所に質問し、責任ある回答を要求した[41]。1985年8月、放射線ホルミシスの専門会議がオークランドで開かれ、放射線ホルミシスが肯定された[41]。この際に、「ラッキー博士の主張は科学的に間違っていないが、データの多くが昆虫など小動物によるものであるので哺乳動物実験などを通して積極的に研究されるべき」とのコメントを得ている[41]。1993年、電力中央研究所は、東京大学放射線医学総合研究所京都大学東北大学大阪大学広島大学長崎大学東邦大学など14の大学などの研究機関に研究費の提供を開始して研究を依頼し、放射線ホルミシス効果検証プロジェクトを立ちあげた[18]。その後、電力中央研究所は、自らも2000年に理事長直轄の独立組織である低線量放射線研究センターを設立したが[42]、2004年には電力中央研究所では頻繁に行われてきた全体及び各部門の組織名称変更により、それまでの狛江研究所が原子力技術研究所という名称に変更され、2006年にはその中に、低線量放射線研究センターが理事長直轄のセンターから原子力技術研究所内の附置センターに格下げされた形で、その目的も「原子力利用における放射線防護体系の構築を進めるため」と変更され、放射線安全研究センターと改名された[43]。 このプロジェクトでは、

  • 老化抑制効果
  • がん抑制効果
  • 生体防御機構の活性化
  • 遺伝子損傷修復機構の活性化
  • 原爆被災者の疾学調査

のカテゴリーで研究され、検討される仮説は以下の通りであった。

  1. SOD活性酸素不均化する酵素群)の活性化によって余分な活性酸素が消去されるならば、それは「老化抑制」に寄与する
  2. リンパ球(T細胞)の活性化が生じるならば、それは生体の免疫力を高めて「がん抑制」に寄与する

1.の老化抑制効果の検証研究の結果、ラットを使った実験において、通常の老齢のラットでは、過酸化脂質量は大きくなり、膜流動性は低くなり、SOD量は縮減されることが確認されたが、約50センチグレイの低線量放射線を照射すると、上記の老化の特性は有意に改善され、若いラットの値に近づくことがわかった[18]。 また、活性酸素病の一つである[要出典]糖尿病に関して、低放射線量放射が、糖尿症状を抑制する結果を得た。

2.のがん抑制効果の検証研究の結果、ラットを使った実験において、15センチグレイの低線量照射を一回行うことで、がん転移率が約40%下がること、また、1回当たり4センチグレイの低線量照射を行うことで、腫瘍の増殖肥大が有意に抑制されることが確認された[18]

また、通常の放射線治療では、約6000センチグレイの高線量放射線を、30回に分けて患部に局所照射し、がん細胞を殺す方法が採用されている。これに対して、同プロジェクト東北大学グループは、これまでの局所照射方法に加えて、10センチグレイの低線量放射線を週3回の割合で全身に照射し、これを5週間にわたり継続して行う方法を併用したところ、高線量の局所照射を単独に行う場合に比べて、治癒率が有意に向上した[18]

また、同プロジェクトでは、分子レベル、細胞レベル、個体レベルの三つのレベルにおいての放射線ホルミシス効果が検証された[18]

分子レベルにおけるホルミシス効果[編集]

生体を構成する分子レベルにおけるホルミシス効果

  1. 抗酸化系酵素活性
    • SOD活性の亢進
    • TRXの誘導合成
  2. タンパク誘導合成
    • ガン抑制遺伝子p53の発現
    • 熱ショックタンパクHsp70の誘導合成
  3. 細胞情報伝達系の関与(細胞膜の構造機能の変化)
    • 脂質過酸化の低減
    • 膜流動性の亢進
    • Na+、K+-ATPase活性の亢進

細胞レベルにおけるホルミシス効果[編集]

  1. 適応応答の誘導
  2. 免疫細胞の活性化
  3. 細胞情報伝達系の関与

個体レベルにおけるホルミシス効果[編集]

さらに「個体レベル」においては、

  1. 制がん・抗がん作用
  2. 活性酸素病に対する効果
  3. 放射線抵抗性の獲得
    • 高線量照射に対する生残率の向上
  4. 中枢神経系への刺激作用
    • 覚醒刺激としての認識
    • 心理的ストレスの軽減
  5. ヒトの疫学的効果
    • ガン以外の死亡率の低減

環境放射線の積極的な利用としての放射能泉[編集]

自然放射線または環境放射線の積極的な利用は、放射能泉であるラドン温泉やラジウム温泉で行われてきた。ラドン222の濃度が74ベクレル/リットル以上がラドン温泉であり、ラジウムが1億分の1グラム/リットル以上含まれるのがラジウム温泉である。

ヨーロッパのオーストリアでは、インスブルック大学医学部が、1950年代からザルツブルク大学理学部と共同研究を行い、ヨーロッパアルプス山脈の中にあるバート・ガスタイン(英語読みは「バドガスタイン」)のラドン坑道を活用して、年間 約 10,000 人の強直性脊椎炎(ベヒテレフ病)、リウマチ性慢性多発性関節炎、変形性関節症、喘息、アトピー性皮膚炎などの患者に対してラドン吸入療法を行っている。ここでの空気中ラドン222濃度は110ベクレル/リットル以上で放射能療養坑道と呼ばれている。

オーストリアや日本、ロシアなどではこの放射線ホルミシス理論を根拠に、ラドン温泉ラジウム温泉)の効用がうたわれ、療養のために活用されるラドン温泉やラドン洞窟が存在する。

指摘されるラドン被曝の問題点[編集]

世界保健機構(WHO)によれば、多くの国でラドンが喫煙に次ぐ肺がんの重要な原因であるとしている[44]。アメリカの環境保護庁(EPA)は、ラドンに安全な量というものは存在せず少しの被曝でも癌になる危険性をもたらすものとしている[45]。また、米国科学アカデミーは、毎年15,000から22,000人のアメリカ人が屋内のラドンに関係する肺がんによって命を落としていると推計する[45]。なお、200~400Bq/m3の室内ラドン濃度を限界濃度あるいは基準濃度として許容している国がほとんどである[44]日本政府は2011年現在、特に警告は発していない。

放射線の医学的利用法については、放射線療法を参照。

三朝温泉地区における調査[編集]

アメリカ環境保護庁(EPA)の、ラドンに安全な量というものは存在しないという仮説を受けて、1992年に低レベルのラドンでも健康への悪影響があるか[46]を調べるため、当時近畿大学近藤宗平原子力研究所教授、国立がんセンターの祖父江友孝放射線研究部長、岡山病院の古本嘉明院長らは、鳥取県三朝町温泉のある地区の住民と近隣で温泉の無い地区の住人を比較対照した疫学調査を行い、非温泉地区に比較して温泉地区では1952年から1988年の癌死亡率が低いとする論文を日本癌学会の会報に発表した[47]。以降、この論文はホルミシス効果の宣伝に利用されるようになる。しかしその後の再調査で調査期間や調査方法などを更新・分析した結果、三朝町の高レベルのラドン地区と、三朝町の比較対照地区(ラドンが低い)で死亡率の差は見られなかった、と報告している(注;当研究では個々の被曝レベルは測定されておらず、喫煙と食事のような主要交絡因子を制御できなかった)[48][49]

放射線被曝における統計手法の困難[編集]

原爆放射線被曝を例とすると、その被害および研究者によってはその効用について報告されているが[50]、このような統計手法に関しての問題点には「稀な事例を確認するために必要な集団サイズの増大による統計的確認の困難」と「原因を放射線のみとすることができない」ことがある。

稀な事例を確認するために必要な集団サイズの増大

統計的確認のためには多くの実例にあたることが必要である[51]。確認しようとする事象の発生頻度が少なくなるとより多くの実例にあたる必要が生じることで実際は統計的確認が不可能になる[51]。 原爆放射線を被曝した人に見られるガンの過剰な発生は、その放射線の量の少ない集団ほどまれになるため、低量の放射線に被曝した場合の確認は不可能であり、その限界は一般的に0.5グレイ、あるいは0.1グレイとされる[51]

対照実験と異なり、統計では原因を放射線のみとすることができない

放射線を原因とするものより、それ以外を原因とするガンの方がはるかに多いというガンの原因分布の実態があり、さらに人間の生活環境に存在する多様な各種の有害物質の影響を受けながらも、このような物質の一部についてしか確かな情報がなく、放射線が原因とされるガンも他の環境要因から独立させることができない[52]。日本では死亡原因をガンとするケースは全体の二割から三割程度であるため、ガンを発症してもそれが直ちに放射線の影響と特定することはできず、ガンによる死亡の割合も地域・性別・年齢・調査した年度により異なる[53][54]。このような条件下で行われる統計手法の結果を元に、わずかな割合の差で何かを論じることの難しさは前述の「必要な集団サイズの増大」の問題を含んでいる。

癌発症までに対する追跡期間の問題[編集]

癌の発症など長期間を要する晩発性の影響を調べる場合には、原爆被爆者に対する放射線影響研究所による寿命調査(Life Span Study, LSS)のように、生涯にわたって被曝者の追跡調査をすることで全容を解明することができる。しかし、実際は予算の制約などから、原爆被爆者以外で長期にわたる追跡調査が行われている例は皆無に等しい。ホルミシス効果には、癌死の予防効果や長生き効果など様々な事例が報告されているが、追跡期間が短すぎたために見かけ上ホルミシス効果が観測されることがあり、追跡期間がより長期で行われた場合、ホルミシス効果が確認されなくなった調査結果もある。下記にその一例を示す。

  • 『放射能汚染マンションによる癌死の予防効果』に対する問題

台湾では台北市およびその周辺において1982年から1984年に放射性物質であるコバルト60が建築資材に混入し学校やアパートの鉄筋に用いられ、約1万人が長期にわたって被曝したが、2004年に第14回環太平洋国際会議(PBNC)において発表された調査結果によると、1983–2002年の期間におけるアパートの居住者の癌死の発生は、台湾の一般公衆の自然発生的な癌死の発生のおよそ3%にまで激減し、先天性奇形も、一般人の発生のおよそ7%と劇的な低下を示した。従って、低線量慢性被曝は癌死亡を劇的に予防する[55][56]。論文は2007年に「Dose Response」誌に掲載されたが[57]、2004年の会議は大いに議論の呼ぶところとなり、米国エネルギー省(DOE)の仲介でカナダの疫学調査の専門家が研究に参加し、詳しい調査が行われることになった。

2008年に発表された台湾国立陽明大学による疫学調査の結果によると、追跡期間を1983-2005年、症例は国立癌登録で特定、各個人の行動様式から個人線量を推定、住民の受けた平均被曝線量は48mGy(中央値6.3mGy)とし、比例ハザードモデル(Proportional hazards model)を用いた解析からは、以前の報告にあったようながん減少の傾向は観察されず、慢性リンパ球性白血病を除いた白血病で、100mGyあたり1.19(95%CI 1.01–1.31)のハザード比(Hazard ratio)の有意な増加が観測され、乳癌で、100mGyあたり1.12(90%CI 0.99–1.21)のハザード比の増加傾向が観測されている[58]。なお、この研究では住民の行動様式から個人線量を推定しているが、個々の被曝線量は染色体損傷や歯や骨に記録された放射線損傷から調べることができる[59]
  • 『原爆による長寿効果に対する』問題

長崎市への原子爆弾投下で、1970-1988年の統計データを用いた結果、0.5~1Gyの範囲で被曝した男性被曝者は長生き効果が与えられた[60]という報告がある。

放射線影響研究所では2011年に原爆の被曝影響の研究結果をまとめた総説を発表し、寿命の短縮(Life Span Shortening)という節の中で、原爆被爆者平均余命は、被曝線量の増加に伴い、1Gyあたり約1.3年の短縮となり[61]、1Gyの被曝時における平均余命の全損失に占める割合は、固形癌が約60%、癌以外の疾病が約30%、白血病が約10%と報告している[62]
ロバート・アーリックは「Nine Crazy Ideas in Science(邦題『トンデモ科学の見破りかた 』)」で、被曝に関する統計データについて、全体から特定部分のみのデータを用いるチェリー・ピッキング行為など、恣意的なデータ選択の問題を指摘している[63]。また、「なぜ癌以外の病気の死亡率だけを考慮するのか?なぜ男性だけを考慮するのか?なぜ一九七〇~一九八八年のあいだだけの死亡を考慮するのか?なぜ広島ではなく長崎だけの被爆者を考慮するのか?」と問いかけたうえで、より広い母集団による統計では、0.5-0.99Gyの線量での相対リスクの減少は見られず、むしろ増加を示すと主張している[64]
  • 『高自然放射能地区における癌死予防効果』に対する問題

中国広東省陽江県には、自然放射線の高い地域があるが、1970~1986年間にわたる調査の結果、対照とした周辺地域に比べて統計的に有意ではないが癌死亡率が低かった[65]との報告がある 。

調査期間を延長して調べた結果、対照とした周辺地区と高自然放射能地区の間で、癌死亡率の差は見られなかった[66]
  • 『原発事故で被曝しても小児白血病は発症しない』に対する問題

Ivanov et al.(1996)[67]の研究によると、1982年から1994年にかけて、チェルノブイリでは小児の白血病に対する顕著な傾向が見られない[68]。原発事故で放射能を被曝したとしても、子どもの白血病の心配は無用である確証が得られた[69]としている。なお、チェルノブイリ原発事故直後から処理作業に参加したアルチュニアン[70]によれば「一般住民に及ぼされた被曝による健康影響は、甲状腺がん以外には一切確認されていないというのが私たち専門家の一致した見解」としている[71]

Noshchenko et al. (2010)による1987年から1997年の期間を対象としたウクライナにおける小児白血病の研究の結果、10mGy以上の被曝に対して、0-5歳児における小児の白血病のリスクに関して有意であると報告されている[72]

ホルミシスが生じる線量範囲[編集]

トーマス・D・ラッキーは自然放射線レベルから年間10Gyの間の全身照射であればホルミシスは生じるとし、被曝線量の許容値としては保守的な値として年間1Gyを主張している[73]。電中研の服部禎男は、「自然放射線の100 倍を自由に被ばくできる健康センター施設を全国につくりたい」とし、そのためにはリミットをトーマス・ラッキーの示した年間1Gyが適当であるとし[74]、放射線量率が毎時100mSvあるいは毎時1Sv以下では癌にならないとの学者の研究発表があると主張している[75]。 2003年に米国DOEの低線量放射線研究プログラムによる支援等を受けて[76]PNASに発表された論文によれば、人の癌リスクの増加の十分な証拠が存在するエックス線ガンマ線の最低線量は、疫学データに基づくと、瞬間的な被曝では、10-50mSv、長期被曝では50-100mSvであることが示唆されている[77][78]。さらに低線量における癌リスクを推定する最適な方法は、中間から極低線量まで線形外挿が最適な方法のようであるとしている[79]。瞬間的な被曝の研究として原爆の被曝影響における調査では、5-125mSv(平均34mSv)で固形癌死亡率の有意な増加、5-100mSv(平均29mSv)で癌罹患率の有意な増加を示している[80]

また、同論文では「いくつかの動物実験は、低レベルおよび中レベルの放射線被ばく量が寿命を向上させ得ることを示唆するが、すなわち潜在的なホルミシス反応を示唆する。低線量被ばくのケースにおいてしばしばあることだが、当該データはいくつもの意味に取れる曖昧なものである。すなわち、たとえば、Maisinらは500mGyのx線急性被ばく後に138匹のC57BLマウスが比較群よりも平均50日長生きしたことを報告する。対照的に、Storerらは同じ被ばくを受けた1390匹のRFMマウスが平均で75日短命であったことを報告している。」と述べている[81][82]

財団法人環境科学技術研究所ではマウスを使った寿命試験を行い、低線量率の放射線でも連続照射によって高線量を照射すると白血病を誘発する作用を持つことが明らかになった、と報告している。なお、ここでいう低線量率とは1日20mGyである[83]

財団法人放射線影響協会「原子力発電施設等 放射線業務従事者等に係る疫学的調査 平成17年度~平成21年度(第IV調査)」では、放射線業務従事者(平均被曝線量は累積で13.3mSv)の白血病を除く全悪性新生物のSMR(標準化死亡比 95%信頼区間) は1.04(1.01-1.07)で、全日本人男性死亡率(20歳以上85歳未満)に比べ有意に高かった。生活習慣等による影響の可能性を否定できないものの、肝臓、肺の悪性新生物のSMRが有意に高いことが寄与しているものと考えられるとしている[84]

理論的課題と評価[編集]

カリフォルニア大学の生物学者レスリー・レッドパースは、「低用量時にある種の防御メカニズムを刺激するもので概念的にはワクチンに似ている」としている[20]

ロチェスター大学医科歯科校のバーナード・ワイスは、「高用量での測定に基づく低用量での有害性の推定は間違いのもとになる」と指摘している[20]

米国立環境健康科学研究所(NIEHS)のクリスチーナ・サイヤーは、エドワード・キャラブレスの主張を支えるために用いられている論理とデータの論文について評価し、その根拠の欠陥を指摘している[20][85]

ジョーン・ピータソン・マイヤーズは、「ホルミシスは欠陥のある理論」と指摘している[86]

疫学の専門家アリス・スチュワート医師の調査結果は、放射線に無害な量はないことを示しており、バックグラウンド放射線や低線量条件下において引き起こされた癌の数が放射線防護委員会によって軽視されていたことを示した[87]

関連団体[編集]

国際ホルミシス学会[編集]

2005年に国際ホルミシス学会(International Dose-Response Society)が発足され、学術雑誌としてDose Response誌を発行している。Dose Response誌の2011年現在の編集長は、マサチューセッツ大学のホルミシス研究者、エドワード・キャラブレス(Edward J. Calabrese)とバーバラ・キャラハン(Barbara G. Callahan)がつとめる[88]。編集委員には規制当局側のEPAFDAの他に、ダウ・ケミカルR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーシンジェンタ(Syngenta Central Toxicology Laboratory)などの企業からも受け入れている[88]。共同編集者にはモンサント社米国エネルギー省アメリカ空軍などのメンバーも含む[88]。編集長のキャラブレスは、化学物質に対して、高用量で有害な影響を持つものでも、低用量では有益な影響を有するホルミシス効果があるとして、低用量で有益なら厳しい規制の必要性はなく、健康基準に関しても緩和すべきだとの主張を行っているため批判もある[89]。キャラブレスの研究は、国防省から研究資金を受けているとの指摘もある[90]

一般社団法人 ホルミシス臨床研究会[編集]

日本国内におけるホルミシス普及を目的とした機関。

学会からの反応[編集]

放射線・科学・健康協会[編集]

1996年に、ミズーリ大学トーマス・ラッキー名誉教授、『私はなぜ原子力を選択するか―21世紀への最良の選択』(The Nuclear Energy Option)(ISBN 4900622052[91]の著者でもあるピッツバーグ大学バーナード・コーエン名誉教授(Bernard Cohen)、大阪大学の近藤宗平名誉教授、電力中央研究所の服部禎男等によって、米国のNPO団体として、放射線・科学・健康協会(Radiation, Science, and Health, Inc.:RSH)が設立された[92][93]

RSHはLNTモデルが誤りであることを示すためのデータを提供し、放射線防護にはコストが掛かり過ぎるとして放射線防護に関する公共政策の見直しを目指している[94]。RSHの見解によると、政府機関が放射線ホルミシスを含むデータを抑圧し、放射線の恐怖を助長しているとの見方を示している[95]。RSHでは放射線ホルミシス効果を支持する科学的データの収集を行い、放射線防護規制に対する抗議運動を活発に行っている[96]。1999年4月21日、後援にRSHを筆頭に各原子力関連の学会や放射線関連学会、協賛に電気事業連合会のサポートを得て、「低線量放射線影響に関する公開シンポジウム―放射線と健康」[98]が東京の京王プラザホテルで開催された[99]

放射線影響研究所[編集]

放射線影響研究所は、癌に関しては定型的な線量閾値解析では閾値は認められなかった。すなわち癌に関するホルミシス効果はゼロ線量が最良の閾値推定値だったと否定的な見解を示している[100]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「放射線ホルミシス」ATOMICA
  2. ^ ラッキー 2011 p.19
  3. ^ a b Luckey 1990 p.47
  4. ^ 新しい放射線の知識を学ぶ会『生命と放射線』(日本電気協会新聞部 1998年) pp.18-19
  5. ^ 少量の紫外線についてはウイルスの活性化、バクテリア胞子形成の誘発、カビの成長・発育・増殖の加速、酵母の成長と発酵の増加が報告されている( Luckey 1990 pp.120-122)
  6. ^ 新しい放射線の知識を学ぶ会『生命と放射線』(日本電気協会新聞部 1998年) p.17
  7. ^ 著作が出版されたのはスリーマイル島原子力発電所事故の起きた翌年の1980年であるが(ラッキー 2011 p.9)、記されたのは原発事故より前とされている。
  8. ^ Hormesis with Ionizing Radiation
  9. ^ 坂本 2011 p.56
  10. ^ Thomas D. Luckey (1980). Hormesis With Ionizing Radiation. CRC Press. ISBN 0849358418. 
  11. ^ a b Luckey T. D.,松平寛通(監訳):放射線ホルミシス、 ソフトサイエンス社(1990)、同:放射線ホルミシス(2),ソフトサイエンス社(1993)。東嶋和子著 『放射線利用の基礎知識』 講談社
  12. ^ T. D. Luckey (2008). “Atomic Bomb Health Benefits”. Dose Response 6. doi:10.2203/dose-response.08-009.Luckey. PMID 19088902. 
  13. ^ 放射線ホルミシスとは何か
  14. ^ Sue Wareham, “20. The Nuclear Industry: A History of Misleading Claims”, The Briefing Papers, energyscience, http://www.energyscience.org.au/BP20%20Misleading.pdf 2011年6月18日閲覧, "The nuclear industry, however, continues to downplay the risks and even promote the largely discredited notion of “hormesis”, the idea that a bit of radiation is good for us." 
  15. ^ Alexey V. Yablokov, Vassily B. Nesterenko, and Alexey V. Nesterenko (2009). Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences) (paperback ed.). Wiley-Blackwell. p. vii. ISBN 978-1573317573. "When it became impossible to hide the obvious increase in radiation-related diseases, attempts were made to explain it away as being a result of nationwide fear. At the same time some concepts of modern radiobiology were suddenly revised. For example, contrary to elementary observations about the nature of the primary interactions of ionizing radiation and the molecular structure of cells, a campaign began to deny nonthreshold radiation effects. On the basis of the effects of small doses of radiation in some nonhuman systems where hormesis was noted, some scientists began to insist that such doses from Chernobyl would actually benefit humans and all other living things." 
  16. ^ BEIR VII – Phase 2 一般向けの概要 (PDF)
  17. ^ 低線量放射線被曝リスクをめぐる最近の動向──BEIR VII報告を中心として (PDF)
  18. ^ a b c d e f 財団法人 電力中央研究所 放射線安全研究センターによる放射線ホルミシス効果検証プロジェクト
  19. ^ 酒井一夫, 解明すすむ微量放射線の影響 (PDF) , 電中研ニュース401号
  20. ^ a b c d Science News Online 2007年1月20日記事邦訳
  21. ^ 坂本 2011 p.58
  22. ^ a b c 原子力青年ネットワーク連絡会『放射線ホルミシス』 (PDF)
  23. ^ 財団法人 電力中央研究所 放射線安全研究センターによる放射線ホルミシス効果検証プロジェクト
  24. ^ 児玉龍彦さん発言まとめ
  25. ^ 航空機乗務員の宇宙線に起因する放射線被爆の問題 4 JAL健康講演会について 放射線ホルミシスとは何か
  26. ^ 突然変異と細胞がん化の原因となる放射線誘発長寿命ラジカルの性質 (PDF)
  27. ^ 中村 (2011b) p.3
  28. ^ a b c ATOMICA 放射線のDNAへの影響
  29. ^ 中村 (2011b) p.1
  30. ^ 中村 (2011a) p.98
  31. ^ 中村 (2011b) pp.1-2
  32. ^ a b c d 中村 (2011b) p.2
  33. ^ 服部 2011 pp.91-92
  34. ^ 中村 (2011a) pp.99-100
  35. ^ 児玉龍彦さん発言まとめ
  36. ^ 放射線は癌を引き起こすか?
  37. ^ a b 中村 (2011a) p.100
  38. ^ 中村 (2011b) p.3
  39. ^ 低線量率放射線照射によるC57BL/6N マウスの免疫機能の変動 (PDF)
  40. ^ pp.6-7
  41. ^ a b c 第26回日本東方医学会「教育講演」配布資料より 放射線ホルミシス
  42. ^ あゆみ ― 放射線安全研究センター ―
  43. ^ センター設立趣旨 ― 放射線安全研究センター ―
  44. ^ a b Radon and cancer - 世界保健機関
  45. ^ a b Radon, Radiation Protection, U.S. Environmental Protection Agency
  46. ^ http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.1992.tb02342.x/pdf
  47. ^ Masaaki Mifune et al. (1992). “Cancer Mortality Survey in a Spa Area (Misasa, Japan) with a High Radon Background”. Japanese Journal of Cancer Research (2003年にCancer Science誌に改題) 83 (1): 1-5. doi:10.1111/j.1349-7006.1992.tb02342.x. 
  48. ^ Weimin Ye et al. (1998). “Mortality and Cancer Incidence in Misasa, Japan, a Spa Area with Elevated Radon Levels”. Japanese Journal of Cancer Research (2003年にCancer Science誌に改題) 89 (8): 789–796. doi:10.1111/j.1349-7006.1998.tb00630.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.1998.tb00630.x/abstract. "The mortality rates from all causes exhibited no difference between the elevated radon level area and the control area for both sexes." 
  49. ^ Weimin Ye et al. (2000). “Residential Radon Exposure and Lung Cancer Risk in Misasa, Japan: a Case-control Study”. Journal of Radiation Research 41 (2): 81-92. doi:0.1269/jrr.41.81. http://www.jstage.jst.go.jp/article/jrr/41/2/41_81/_article/-char/en. 
  50. ^ ラッキー 2011 pp.61-92
  51. ^ a b c 多田 2011 p.106
  52. ^ アーリック 2004 p.92
  53. ^ 死因別死亡確率(厚生労働省)
  54. ^ 「主要疾患(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)死亡率の地域差」(厚生労働省)
  55. ^ 輪嶋隆博 (2008). “放射線被ばくの説明の知恵 –「しきい値なし直線仮説」LNT:Linear No threshold Theoryを検証する–”. 日本放射線技術学会雑誌 (公益社団法人 日本放射線技術学会) 64 (11): 1404-1409. doi:10.6009/jjrt.64.1404. "近藤教授が国際専門誌に掲載された最近の疫学調査の論文やレポートをまとめて紹介しておられるので、一部を転用する6)。…(中略)…台湾の一般人のがん死亡率が1983年以降毎年増加の傾向を示すのに、被ばくした住民群では1983年以降激減の傾向をたどった。これが事実であるならば低線量慢性被ばくは、がん死亡を劇的に予防することを意味する10)。" 
  56. ^ 中村 (2011b) p.4
  57. ^ W.L. Chen et al. (2007). “Effects of Cobalt-60 Exposure on Health of Taiwan Residents Suggest New Approach Needed in Radiation Protection”. Dose Response 5 (1): 63–75. doi:10.2203/dose-response.06-105.Chen. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2477708/. "On the contrary, the incidence of cancer deaths in this population was greatly reduced—to about 3 per cent of the incidence of spontaneous cancer death in the general Taiwan public. In addition, the incidence of congenital malformations was also reduced—to about 7 per cent of the incidence in the general public." 
  58. ^ Su-Lun Hwang et al. (2008). “Estimates of relative risks for cancers in a population after prolonged low-dose-rate radiation exposure: a follow-up assessment from 1983 to 2005”. Radiation Research 170 (2): 143-148. doi:10.1667/RR0732.1. http://www.rrjournal.org/doi/abs/10.1667/RR0732.1. "Cases were identified from Taiwan's National Cancer Registry. Radiation effects on cancer risk were estimated using proportional hazards models and were summarized in terms of the hazard ratio associated with a 100-mGy increase in dose (HR100mGy). A significant radiation risk was observed for leukemia excluding chronic lymphocytic leukemia (HR100mGy 1.19, 90% CI 1.01–1.31). Breast cancer exhibited a marginally significant dose response (HR100mGy 1.12, 90% CI 0.99–1.21)." 
  59. ^ アリソン 2011 pp.120-121
  60. ^ 近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)』 講談社、1998年12月、232頁。ISBN 4062572389。「まず、被ばく手帳をもっている人たちの間で、被ばく量が適当に増えると、死亡数(一九七〇~一九八八年間の合計)が、へる傾向にあるかどうかを調べた(7)。その結果、図Ⅵ7に示すように、男性の場合、五〇~一〇〇ラドを被ばくした人たちの全死亡数は、被ばくしていない人より約一〇%少ないことがわかった。しかし、この一〇%の利益効果は、統計的には有意でない。そこで、がん以外の病気による死亡で調べたところ、三五%も死亡数が少なかった。この三五%という値は、統計的に有意である。つまり、五〇~一〇〇ラドの放射線が男性に長生き効果を与えた。」
  61. ^ Evan B. Douple et al. (2011). “Long-term Radiation-Related Health Effects in a Unique Human Population: Lessons Learned from the Atomic Bomb Survivors of Hiroshima and Nagasaki”. Disaster Medicine and Public Health Preparedness 5 (1): S122-S133. http://www.dmphp.org/cgi/content/full/5/Supplement_1/S122. "Life Span Shortening. Median life expectancy decreased with increasing doses at a rate of about 1.3 years/Gy, but declined more rapidly at high doses.58" 
  62. ^ Evan B. Douple et al. (2011). “Long-term Radiation-Related Health Effects in a Unique Human Population: Lessons Learned from the Atomic Bomb Survivors of Hiroshima and Nagasaki”. Disaster Medicine and Public Health Preparedness 5 (1): S122-S133. http://www.dmphp.org/cgi/content/full/5/Supplement_1/S122. "It was estimated that at 1 Gy, the proportion of total life lost was roughly 60% from solid cancer, 30% from diseases other than cancer, and 10% from leukemia." 
  63. ^ ロバート・アーリック 『トンデモ科学の見破りかた もしかしたら本当かもしれない9つの奇説』 草思社、2004年2月、98-100頁。ISBN 4794212828。「ここで統計的に有意であると主張することの主たる統計的誤りは、統計的に有意とみなすためにどれだけ多くの標準偏差(x±nσ)を選んだかということにではなく、自分が探し求めているまさに当の効果を増幅させるために、全体的なデータのなかから特定の部分データを恣意的に選んで使っていることにある。」
  64. ^ ロバート・アーリック 『トンデモ科学の見破りかた もしかしたら本当かもしれない9つの奇説』 草思社、2004年2月、100頁。ISBN 4794212828。「たとえば、なぜ癌以外の病気の死亡率だけを考慮するのか?なぜ男性だけを考慮するのか?なぜ一九七〇~一九八八年のあいだだけの死亡を考慮するのか?なぜ広島ではなく長崎だけの被爆者を考慮するのか?その答えは、こうした特殊な選択をおこなわないかぎり、そのような効果は見られないからである。実際に、女性に関するデータ、癌による死亡についてのデータ、あるいは一九七〇~一九八八年以外の年における死亡のデータを調べてみれば、五〇~九九センチグレイの線量での相対危険度の減少は存在しない(むしろ増加している)。」
  65. ^ 近藤宗平 (2007年4月号). “放射線の功罪 - 放射線の危険性に対する防御 -”. Isotope News. p. 14. 2012年2月5日閲覧。 “中国広東省陽江県には,自然放射線が普通地区より約3倍高い地区が存在する 2)7)。この高自然放射線地区と比較するため,隣の恩平県に普通レベルの自然放射線地区(対照地区)を選んで,両地区のがん死亡数を1970~1986年間にわたって調べた7・8)。表1に示すように,毎年の自然放射線披ばく量が約3 mSV 高い高自然放射線地区のがん死亡率が対照地区より低い。この差は統計的に有意ではないが,年間被ばく線量が数mSV高くてもがん死亡リスク増加の危険はないことを示唆する。”
  66. ^ 近藤誠 『放射線被ばく CT検査でがんになる』 亜紀書房、2011年6月、161-162頁。ISBN 4750511137。「論文で最初に紹介し、ホルミシスの根拠としているのは、中国のある地域は、自然放射線量が周辺地域より低い、という疫学研究です。しかしこの研究は、調査期間を延ばしたところ、がん死率は周辺地域と変わりがなくなってしまった(元の論文は入手しにくいので、J Radiol Prot 2009;29:A29を参照した)。」
  67. ^ E. P. Ivanov et al. (1996). “Childhood leukemia in Belarus before and after the Chernobyl accident”. Radiation and Environmental Biophysics 35 (2): 75-80. doi:10.1007/BF02434028. 
  68. ^ 近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)』 講談社、1998年12月、77頁。ISBN 4062572389。「実際は、白血病の発症率は事故前とおなじで、上昇しなかった。直線仮説による放射線防護用のリスク推定は、被ばく者にウソの被害を真実と思い込ませたことになり、その責任は大きい。」
  69. ^ 近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)』 講談社、1998年12月、244頁。ISBN 4062572389。「子どもの白血病の発病率は、Ⅱ章の図Ⅱ11にもとづいて記述したように、事故後八年間に増加していない。チェルノブイリ事故は、人類史上最大の発電用原子炉事故で、このような大量の放射性降下物汚染を被ばくした子どもに白血病の危険が発生しなかった。 したがって、万一に原発事故で放射能を被ばくした場合、白血病の心配は無用という確証がえられた。」
  70. ^ ロシア科学アカデミー原子力エネルギー安全発展問題研究所副所長(副島 2011 p.15)
  71. ^ 副島 2011 p.34
  72. ^ Andriy G. Noshchenko et al. (2010). “Radiation-induced leukemia among children aged 0-5 years at the time of the Chernobyl accident”. International Journal of Cancer 127 (2): 412–426. doi:10.1002/ijc.24834. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ijc.24834/full. 
  73. ^ 赤羽恵一 (1999), 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム「放射線と健康」印象記, “日本保健物理学会 NewsLetter”, 日本保健物理学会 (日本保健物理学会) 19: 8, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/pdf/n19.pdf 2012年2月3日閲覧, "また、Luckey 氏の線量応答曲線は、ホルミシスは全身照射が自然放射線レベルから 10Gy/y の間で生じ、許容値は「保守的に」1Gy/y としているが、これは、既存の放射線影響の報告とかけ離れた数値である。" 
  74. ^ 赤羽恵一 (1999), 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム「放射線と健康」印象記, “日本保健物理学会 NewsLetter”, 日本保健物理学会 (日本保健物理学会) 19: 8, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/pdf/n19.pdf 2012年2月3日閲覧, "さらに、服部氏からは「自然放射線の100 倍を自由に被ばくできる健康センター施設を全国につくりたい」という発言があった。それを作るためにはリミットは Luckey 氏の示す 1Gy/y が適当である、と主張する。" 
  75. ^ 服部禎男元電力中央研究所名誉特別顧問と意見交換, “一般財団法人 国家基本問題研究所”, 一般財団法人 国家基本問題研究所, http://jinf.jp/news/archives/4873 2012年2月3日閲覧, "服部氏は「国際放射線防護委員会(ICRP)の放射能安全基準はDNAの修復機能を無視している」と批判し、「がんはDNAの異常から発生するが、放射線量率が毎時10 ミリシーベルト(mSv)以下ならDNAは完全修復し、毎時100 mSv(あるいは毎時1000 mSv)以下ではがんにならないという学者の研究発表がある」と説明しました。" 
  76. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "This work was supported in part by the U.S. Department of Energy Low-Dose Radiation Research Program." 
  77. ^ 翻訳:調麻佐志, 【翻訳論文】「低線量被ばくによるがんリスク:私たちが確かにわかっていることは何かを評価する」PNAS(2003), “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 サイエンス・メディア・センター, http://smc-japan.org/?p=2037 2011年8月26日閲覧。 
  78. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "First, what is the lowest dose of x- or γ-radiation for which good evidence exists of increased cancer risks in humans? The epidemiological data suggest that it is ≈10–50 mSv for an acute exposure and ≈50–100 mSv for a protracted exposure." 
  79. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "Second, what is the most appropriate way to extrapolate such cancer risk estimates to still lower doses? Given that it is supported by experimentally grounded, quantifiable, biophysical arguments, a linear extrapolation of cancer risks from intermediate to very low doses currently appears to be the most appropriate methodology. This linearity assumption is not necessarily the most conservative approach, and it is likely that it will result in an underestimate of some radiation-induced cancer risks and an overestimate of others." 
  80. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "Fig. 2 shows low-dose risk estimates (2) for solid-cancer mortality in the atomic bomb survivors (1950–1997). The individuals in the dose category from 5 to 125 mSv (mean dose, 34 mSv) show a significant (P = 0.025) increase in solid-cancer-related mortality. It is possible that bias exists in these low-dose cancer-mortality risk estimates; for example, individuals nearer the blast might be more likely to have cancer recorded on their death certificates. Less potential for such bias exists in the cancer incidence studies, and the atomic bomb survivors in the dose range from 5 to 100 mSv (mean dose, 29 mSv) show a significantly increased incidence of solid cancer (P = 0.05) compared with the population who were exposed to <5 mSv (12)." 
  81. ^ 翻訳:調麻佐志, 【翻訳論文】「低線量被ばくによるがんリスク:私たちが確かにわかっていることは何かを評価する」PNAS(2003), “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 サイエンス・メディア・センター, http://smc-japan.org/?p=2037 2011年8月26日閲覧。 
  82. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "First, what is the lowest dose of x- or γ-radiation for which good evidence exists of increased cancer risks in humans? The epidemiological data suggest that it is ≈10–50 mSv for an acute exposure and ≈50–100 mSv for a protracted exposure." 
  83. ^ 財団法人環境科学技術研究所 放射線と白血病(線量率による違い)
  84. ^ 財団法人放射線影響協会「原子力発電施設等 放射線業務従事者等に係る疫学的調査」平成17年度~平成21年度(第IV調査) (PDF)
  85. ^ Our Stolen Future (OSF)記事 2005年6月15日
  86. ^ ジョーン・ピータソン・マイヤーズによる批判,OSF2006年10月5日邦訳
  87. ^ “Alice Stewart (UK)”, Right Livelihood Award, Right Livelihood Award Foundation, http://www.rightlivelihood.org/stewart.pdf 2011年6月18日閲覧, "While her earlier conclusions showed that there was no such thing as a harmless dose of radiation, these findings implied that all radiation protection committees had been grossly underestimating the number of cancers caused by background radiation and other low-dose situations." 
  88. ^ a b c “Editorial Board/Masthead”, Dose-Response, Assessing the Nature, Mechanisms, and Implications of Dose-Response Relationships: Welcome, Dose-Response, http://dose-response.com/pdf/FrontMatter.pdf 2012年2月5日閲覧。 
  89. ^ Janet Raloff PDF (PDF) Cite 概要の紹介 (2007). “Counterintuitive toxicity: Increasingly, scientists are finding that they can't predict a poison's low-dose effects”. Science News 171 (3): 40–42. doi:10.1002/scin.2007.5591710310. 
  90. ^ 訳:安間武 (掲載日:2005年10月1日). “公衆の健康政策決定のためのホルミシスは基本的に欠陥がある”. 化学物質問題市民研究会. 2012年2月5日閲覧。 “キャラブレスらがこの資金提供の結果、研究を歪めたという証拠はないが、彼らの文献の主な調査が統計的な有意さに基づく基準を用いていないことは不適切である。一方、彼らの研究を政策提言にまとめるやり方には明らかに偏向がある。まず簡単に低用量刺激の有害影響を認めるが、それからホルメティック概念を規制に適用することを主張するというやり方で基準をより緩和する方向に導く。 毒物学的論文に関する最近のふたつの調査は資金供与源が研究結果に非常に強く影響を与えるということを示している。カエルの発達に与えるアトラジンンの影響に関する研究、及び、ビスフェノールAの低用量影響に関する研究においては、研究結果に強い経済的利害を持つところからの資金供与はその研究結果が都合が良い方向に強くバイアスをかけている。同様なことがホルミシス研究において起きているかどうか調査中である。”
  91. ^ The Nuclear Energy Option, University of Pittsburgh, http://www.phyast.pitt.edu/~blc/book/BOOK.html 2012年2月5日閲覧。 
  92. ^ 米国で開催された低線量放射線の健康影響についてのシンポジウム―経緯と概要―, 放射線と健康を考える会, http://www.iips.co.jp/rah/n&i/n&i_rsh2.htm 2012年2月5日閲覧。 
  93. ^ Founding Board of Directors and Officers, Radiation, Science, and Health, http://www.radscihealth.org/RSH/About/board_directors.html 2012年2月5日閲覧。 
  94. ^ Radiation, Science, and Health: Low Dose Radiation Health Effects, Hormesis, and Policy, Radiation, Science, and Health, http://www.radscihealth.org/RSH/index.html 2012年2月5日閲覧, "Government agencies suppress data, including radiation hormesis, and foster radiation fear." 
  95. ^ Radiation, Science, and Health: Low Dose Radiation Health Effects, Hormesis, and Policy, Radiation, Science, and Health, http://www.radscihealth.org/RSH/index.html 2012年2月5日閲覧, "Government agencies suppress data, including radiation hormesis, and foster radiation fear." 
  96. ^ 近藤宗平 (2003年2月), “序章 放射線を正しく怖がろう”, 低線量放射線の健康影響に関する調査, 安全安心科学アカデミー, http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/HELR.htm, "米国の非営利団体“ Radiation,cience & Health Incorporation ”は、放射線ホルミシス効果を示唆する証拠を世界中の文献・報告などから集め、科学的証拠に基づいて、過剰な放射線防護規制に抗議する運動を活発に行っている。" 
  97. ^ 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム, 日本保健物理学会, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/n18/13.html 2012年2月5日閲覧, "主催:「低線量放射線影響に関する公開シンポジウム」実行委員会 共催:(社)日本機械学会、米国機械学会、仏国原子力学会 後援:米国放射線・科学・健康協会(RSH)、(社)日本原子力学会、日本放射線影響学会、日本保健物理学会、(財)放射線影響協会、(財)原子力安全研究協会、(財)体質研究会、(財)原子力発電技術機構、(社)日本原子力産業会議、(財)日本原子力文化振興財団、(社)日本電機工業会、(財)電力中央研究所 協賛:電気事業連合会" 
  98. ^ シンポジウムの後援は、RSHの他に、日本原子力学会、日本放射線影響学会、日本保健物理学会放射線影響協会原子力安全研究協会体質研究会原子力発電技術機構日本原子力産業会議日本原子力文化振興財団日本電機工業会電力中央研究所[97]
  99. ^ 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム, 日本保健物理学会, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/n18/13.html 2012年2月5日閲覧。 
  100. ^ Studies of the Mortality of Atomic Bomb Survivors, Report 14, 1950–2003: An Overview of Cancer and Noncancer Diseases

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]