加藤武久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 武久(かとう たけひさ、1941年昭和16年)12月8日 - )は、秋田県出身の元競輪選手

来歴[編集]

秋田県立六郷高等学校を経て法政大学に進学。同大学在学中の1964年(昭和39年)、東京オリンピック・チームタイムトライアル(TTT)に出場し19位。

その後、日本競輪学校第22期生を経て競輪選手となった。1985年(昭和60年)5月20日選手登録削除。

引退して秋田県に帰郷後は美郷町飯詰駅前のタクシー会社の経営にたずさわった。2000年(平成12年)「自転車搭載タクシー」が話題となった[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]